金属焼付塗装・品質管理事例(その87)付着・密着性

Pocket

お問い合わせを頂いた兵庫県のお客様から「アルミ板を塗装後抜き加工するのでとの付着・密着性相談」。その検証の事例です。

No1

crosscutNo1 (800x600)

前処理 エッチング工程 浸漬50秒 下塗りプライマー、上塗りメラミン塗装。

これでは満足な結果が得られなかったので、次に試験したテストピースが下の写真。

No2

corsscutNo217126 (800x600)

エッチング工程 浸漬10分 上塗りメラミン塗装。

No3

crosscutNo3 (800x600)

 

エッチング工程 浸漬10分、サンディング#600 上塗りメラミン塗装。

No2,No3ともにクロスカットはNo1よりは、いい結果が出ました。

カットされた塗膜の破断線が綺麗に切れている。

このテストピースを用いて検証します。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の品質管理事例


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS