塗装目的と効果

Pocket

まず、最初に塗装してどういう目的、効果を求めるかを列記します。
被塗物の保護、美観の付与、特殊機能性の付与、色彩、光沢、テクスチャ(質感)、イメージ、
耐劣化性、耐腐食性、耐摩耗性、潤滑、防かび、防虫、耐熱、防火、導電、磁気、シールド、発光、蛍光・・・。(都立産業技術研究センター資料より抜粋)
当社、川越第二工場では部品として使われるM-Cupに内面コートしますが、付着性はもちろんのこと、
耐薬品性と可撓性(撓み易い)を塗膜に要求されます。なぜなら、部品組み立ての際クリンチ加工があるためです。
塗料メーカーもその目的に応じたものを提供しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の塗装技術情報


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS