連続塩水噴霧試験72時間、SUS304,SUS304CSP塗膜

Pocket

前回ご紹介した、SUS304、SUS304CSP付着の検証を行ったテストピースで試験を実行。

塗膜はアクリル樹脂塗料。

前処理ラインで洗浄、酸洗い(エッチング)のSUS304塗膜。

1回塗り

sanarai- SUS304-12回塗り

sanarai- SUS304-2SUS304CSP塗膜

1回塗り

sanarai- 304CPS 304CPS-1

2回塗り

sanarai- 304CPS-2

テープテストで剥離は無し。

 シンナー洗い。SUS304塗膜

1回塗り

sinnna-SUS304 -1 (1)2回塗り

sinna-SUS304 -2SUS304CSP塗膜

1回塗り

sinna-304CPS-1

2回塗り

sinnna-SUS304 -1 (2)

前処理ラインでは、共に剥離は無かったが、シンナー洗いの場合1回塗りで、

SUS304では15%程度の剥離面積があり、CSPでは5%であったが2回塗りでは無し。

この傾向から、素材の清浄度が高い方がいい結果になっている。

剥離があったのは汚れが落ち切らず、コンタミが影響したようです。

 2回塗装した塗膜の下塗りはエポキシプライマーを使っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の塗装技術情報


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS