創業60年の歩み

創業が昭和35年(1960年)、今年令和2年(2020年)が60周年。
エピソードを交えながら当社の歩みを綴ります。

有限会社フジックスの起点はここから始まりました。
創業者上野篤義(父)は喜界島小野津から上京し、叔父の岩井源輔(岩井塗装所社長)を頼り、昭和12年4月岩井塗装所(東京市豊島區池袋)に入所。
(鹿児島県大島郡小野津小学校出身(尋常小学校高等科卒)入所は15歳の時と思われます。)※当時の学制で高等科は15歳で修了するので、昭和17年で20歳。
その年、日支事変(大東亜戦争)勃発と本人はかなり不安な思いを抱いていたようです。

叔母の話によると、岩井塗装所社長岩井源輔はブラジルへ移民しようと迷っていたそうで「占い」により止めて上京したとか。徒手空拳から独立を果たし池袋で工場を設立した時期が昭和初期、世界大恐慌と重なっていた頃です。
ブラジル移民が始まったのが明治41年(1908)、源輔(明治39年生)の年齢から察すると移民を考えていたのは大正年間半か末期と思われます。

修行明けの記念写真
左安藤先生、写真中央が本人、右岩井社長

当時、岩井塗装所は東京光学(現株式会社トプコン)のカメラ、双眼鏡の塗装を手掛けていました。

岩井塗装所に働いていた従業員の構成が、「奄美出身者の動向と東京におけるSegregationの形成」の論文より確かめられました。
 1938年当時の年令を基準に再現してみると次の様になるだろう。すなわち,山元正 宜氏の場合本人(37才)のところで, 22才, 19才, 15才の3人の男子が働き,盛英信氏の場合,本 人(28才)のところで, 16才の男子2人と19才の女子1人,計3人が働き,また,岩井源輔氏のと ころでは,本人(37才)のほか, 23才が2人, 21才, 20才, 18才, 17才, 16才, 15才各1人合計8 人の男子と31才, 28才, 19才の女子3人総計11人の者が働いていたことになる。この事は,先人の 開拓者がおり,その人達を頼って後出の若い者達が異郷の地東京へ進出し,そこを拠点にして,自 分達の生活の基礎を築こうとしていた事を示すものであろう。この開拓者に相当する人達が山元正 宜氏,盛英信氏,岩井源輔氏などであったのである。 (出典:奄美出身者の動向と東京におけるSegregationの形成)
昭和13年(1938年)に小野津出身者11名で、写真では30数名の従業員がいます、内地の人も勤めていたのでしょう。

父が言うに、安藤先生という方、岩井塗装所の月一回、従業員研修を担当されていたそうです。この話を聞いたときあの時代から社員教育の力を入れて事を意外に思いました。
後年父は先生から教わった言葉として熊沢蕃山の「憂き事のなお、この上に積もれかし、限りある身の力試さん」と折に触れ語ってしました。
座右の銘と心に刻んでいたのでしょう。

修業明けの年にミッドウエー海戦で日本は敗北を喫しています。
ミッドウェー海戦(ミッドウェーかいせん、英語: Battle of Midway)は、第二次世界大戦(太平洋戦争・大東亜戦争)中の1942年(昭和17年)6月5日(アメリカ標準時では6月4日)から7日(6月3日から5日とする場合もある)にかけて、ミッドウェー島付近で行われた海戦。同島攻略をめざす日本海軍をアメリカ海軍が迎え撃つ形で発生し、日本海軍機動部隊とアメリカ海軍機動部隊および同島基地航空部隊との航空戦の結果、日本海軍は投入した空母4隻とその搭載機約290機の全てを喪失した。ミッドウェー海戦はMI作戦の一部であり、この敗北で同作戦は中止された。ウキペディアより。
国民にはその敗北は秘密とされ知らされませんでした。

この頃の事を叔母に聞いた事があります。
岩井塗装所は夜遅くまで従業員は働いていたそうです。
東京光学は陸軍の御用達、双眼鏡など軍需品の塗装に追われる日々。
従業員が来ている服が国民服、戦時中と偲ばれます。

創業者上野篤義はこれを機に独立をしたいと叔父に申し出たそうですが、若いからと引き留められたとか、動機は独立すれば叔父のように裕福になれると思ったそうです。(父の弁)

※東京光学が設立されたのは昭和7年です。設立と同時に生産されたのが「双眼鏡モナーク」でした。機種は、6X15 6X30、8X21,8X25, 12X35, などです。設立時から更に昭和20年つまり終戦までには、上記機種のほか「レノックス」(6X20.6X24,6X25など)「エルデ」(6X30)これらのブランド機種も生産されました。日本光学が主に帝国海軍の御用達であったのに反し、東京光学は陸軍を主力にして発展してきました。従って東京光学の双眼鏡は地上戦用が多かったので小型の機種が目につきます。一方、日本光学の場合は御承知の通り 7X50、つまり50ミリ口径の大型双眼鏡が海軍の主力となっていました。

 ネット記事より。

上記の双眼鏡は、昭和7年設立時から20年までに生産された「モナーク8X25」—それだと断定している双眼鏡です。トプコンにはそれ以外の8X25は見あたりませんので断定は正確な筈です。
 なおカバーにはNo:76364と刻印されてあります。ケースには所有者の名前らしく「北村」の文字が読めます。(出典元:ネット記事)社長ブログより。

この記事を見た時、父が塗装を手掛けた製品と思い、懐かしく思いました。
あれから、78年が経っています。

この頃から戦局は悪化し、勤めていた岩井塗装所は戦災で焼失してしまいます。
岩井塗装所では、身の安全を図るために埼玉の幸手町に家族、従業員ともども疎開をしていました。(姉の弁)
豊島区役所の広報に拠ると時期は下記の通り。

池袋をはじめ豊島区は1945(昭和20)年4月13日を中心とする大空襲により、大きな被害を受け、豊島区東部から中央部にかけては、ほとんど焼け野原になりました。池袋駅も焼けましたが、ここは山手線が通り、赤羽線・武蔵野鉄道(現西武池袋線)・東武東上線の終点でもあり、交通の要所でした。しかも武蔵野鉄道や東上線の沿線は戦災にあわないところが多く、池袋は大きな購買力をもつ地域を背後にかかえていたことになります。これらの条件があって、池袋は典型的なヤミ市が形成される街となりました。出典元:豊島区役所広報より。
おそらくこの空襲で焼けたのでしょう。

終戦前、父は板橋区小豆沢辺りに住んでいましたが、幸手町(叔父が所有していた家?もしくは借家)に疎開、岩井塗装所が焼失し戦後は生活の糧を得るために、団子売、タイガー紙(辞書に使われる紙)の露店商(上野松坂屋前で)、ノートの行商(リヤカーにノートをいっぱい積んだそうです)などをやって生活を立てていました。
親戚筋にノートを製本する会社を経営していた人がおり、その方の好意により仕入れができたようです。
物不足の時代でしたから、需要がありよく売れたそうです。
昭和22年に文房具屋(大洋堂)を千代田区飯田町で開業します。
飯田橋駅東口近辺、目白通りに面した場所でした。

岩井塗装所で身に付けた技能を生かし、後に塗装工場を興すことになります。

 

 

 

 


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly  
RSS