会社概要

商号 有限会社フジックス
本社

〒350-1155 埼玉県川越市下赤坂大野原742番7

・TEL:049-266-5800(代)

・FAX:049-261-4505

工場

【本社工場】〒350-1155 埼玉県川越市下赤坂大野原742番7

 ・TEL:049-266-5800(代)

 ・FAX:049-261-4505

 

【川越第二工場】〒350-1155 埼玉県川越市下赤坂568番17

 ・TEL:049-264-2678

 ・FAX:049-257-9807

資本金 500万円
従業員

15名

役員 ・代表取締役社長:上野恒暉
・取締役:上野広治
取引銀行 足利銀行/川越支店/武蔵野銀行/大井支店/埼玉県信用金庫
ふじみ野支店/飯能信用金庫/ふじみ野支店
主な取引先 日本プリシジョンバルブ株式会社/日新精機株式会社
株式会社七星科学研究所/新日本無線株式会社/株式会社鷺宮製作所
岩機ダイカスト工業株式会社/株式会社西尾製作所
主な取扱い品目 エアゾール部品M-CUP/家電部品及び事務機器関係部品
カメラ関連部品/音響機器部品関係/半導体、無線機器
エクステリア関係部品/造船関係部品
敷地 本社工場:663m2/川越第二工場:132m2
建物 本社工場:547m2/川越第二工場:132m2

会社沿革

昭和35年1月 創業、東京都板橋区前野町において、光学部品を主体に金属焼付塗装を始める。
昭和46年2月 需要増大に伴い、新座工場を建設・移転。
昭和58年7月 川越本社工場を建設・移転。静電塗装ライン、手吹き塗装ラインを設置し、美装の多様化の対応を図る。
昭和63年12月 所沢工場を建設。複雑な形状のコンピュータ用ファンフレーム自動塗装ライン(自社開発)を設置
平成01年12月 エアゾール缶部品マウテンカップ内面コート自動塗装ラインを川越第二工場に設置。
平成04年11月 有限会社フジ美術塗装工業所、改め有限会社フジックスと社名変更。
平成07年7月 所沢工場、取引先移転のため閉鎖。
平成19年3月 品質強化のため、デジタルマイクロスコープ(キーエンス社製)を導入。
平成21年5月 3価クロメートクローズド型循環処理装置を導入。
平成23年5月

環境保全強化、作業環境の改善のため、

最新型湿式塗装ブース・NCLフレッシュシステム塗装ブースを導入。

平成29年5月 廃水処理装置を新設。
現在に至る。

設備案内

本社工場

前処理ライン 3価クロメートクローズド型循環処理装置x1式
浸漬式化成処理装置 x1式/脱脂槽 x2槽/水洗槽x7槽
化成皮膜処理槽x5槽/高速熱風循環水切乾燥炉 x3基
純水装置 x1式/ホイスト x2台/ボイラー x1基
手吹塗装ライン NCLフレッシュシステム塗装ブース(4m) x1基
トロリーコンベアー 42m/熱風循環乾燥炉 15m
塗装可能寸法 500x600x1200mm/温度制御範囲 80℃~200℃
自動静電塗装ライン

カセットプース(5.5m) x1基/自動静電塗装機 x1式
4ガンレシプロケーター方式/トロリーコンベアー 70m
熱風循環乾燥炉 20m/塗装可能寸法 500x250x1300mm

温度制御範囲 80℃~200℃

廃水処理装置 全自動凝集沈殿方式 x1基
空調設備 自動制御方式 x2台
コンプレッサー 3台 (10馬力、自動ドライヤー付)
受電設備 150kw キュウビクル型
検査機器

デジタルマイクロスコープ 200倍(キーエンス社製)x1式
一般測定器 x1式/実体顕微鏡80倍 x1台
色差計 x1台/JIS Z8721準拠標準色票 x1冊/膜厚計 x2台

水質測定器 x1台 (電導度計0~50μs/m2)
パーティクルカウンター(浮遊粒子測定器)リオン社製KC-51×1台

川越第二工場

  • マウンテンカップ自動塗装機 x1式
  • 密閉型自動溶剤洗浄装置 x1台
  • コンプレッサー x1台(10馬力、自動ドライヤー付)

組織図

フジックス 組織図


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS