金属焼付塗装実績:音響装置部品 ボディー(2019年6月)

Pocket

音響装置を製作するメーカーからの塗装依頼でした。

鋳肌表面に巣穴、凹凸があり、表面をきれいに仕上がてくれとのご要望、パテ職人が苦労したのは、細かな巣穴もあり一度のパテ作業では欠点が拾うのが困難であり三度のパテ、研ぎを行いました。

綺麗になった塗装面を見て満足できた作業でした。

塗装前

金属焼付塗装実績:音響装置

下塗り 研ぎ作業

金属焼付塗装実績:音響装置

 

パテ付け
塗装後

金属焼付塗装実績:音響装置

 

塗装工程

  • 部品名:音響装置部品 ボディー
  • 材質 :アルミ
  • 工程 : 

    前処理 化成皮膜処理 ノンクロム型

    マスキング

    パテ

    研ぎ

    下塗り エポキシプライマー 塗膜性能表 No11に該当

    焼付温度150度×分

    拾い

    パテ研ぎ

    下塗り

    拾いパテ

    研ぎ

    治具嵌め

    上塗り アクリルウレタン 塗膜性能表No3に該当

    焼付温度 120℃×20分

     

当社では、お客様のご了承の上、塗装実績をご紹介しております。
塗装に関するご質問等ありましたら、どうぞお問い合わせフォーム、またはお電話にてご連絡下さいませ。

お問い合わせ先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の焼付塗装実績


→社長ブログを見る

follow us in feedly  
RSS