2020年1月金属焼付塗装実績 ゴルフヘッド

Pocket

お客様から色替えの依頼があった塗装品。
先月も同様にマスキング作業に手間がかかる仕事になりました。
某クラブメーカーヘッドの色をピアノブラックにしてほしいといわれ、ソール部、フェース部に塗装がかからないよう塗装されているラインに沿ってマスキング小一時間かかりました。

職人が言うに、曲がりに沿ってマスキングテープを貼るのに手間がかかると!
本間ゴルフの伝統、クラブ造りの技術を継承するケンタックゴルフさんからの依頼でした。

ケンタックゴルフ
HP http://kentack.co.jp/

 

塗装後
1月金属焼付塗装実績ゴルフクラブ
 

塗装工程

  • 部品名: ゴルフヘッド
  • 材質 :チタン
  • 工程 : 

    1.マスキング

    2.表面調整 研ぎ

    3.シンナー拭き

    4.下塗り プライマー 塗膜性能表 No11に該当

    焼付温度 160℃×20分

    5. 中塗り 全艶黒 メラミン樹脂 塗膜性能表 No1に該当

    焼付温度 160℃×20分

    6. 上塗り トップコート アクリル樹脂クリアー 塗膜性能表 No2に該当

    焼付温度 160℃×20分

当社では、お客様のご了承の上、塗装実績をご紹介しております。
塗装に関するご質問等ありましたら、どうぞお問い合わせフォーム、またはお電話にてご連絡下さいませ。

お問い合わせ先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の焼付塗装実績


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly  
RSS