金属焼付塗装・品質管理事例(その12)金型によるキズ、フクレ

Pocket

外観検査後、原因特定のためデジタルマイクロスコープにて観察。hinnsitukannri7tukie.JPG

写真上、矢印で示す範囲が金型のキズから発生したものと思われる。

肉眼で見ると塗膜に付いた糸ケバ(繊維くず)に見えます。

拡大して原因を特定することで品質管理面で精度が上がります。

写真下、素材のフクレで外観不良となった。

このような現象は見た目では、原因を特定するのは困難ですが倍率を上げて観察することにより判明します。

ダイカストは一瞬で金型に湯が流れ込み形成しますが、金型内の湯の動きをコントロールするのが難しく発生してしまうのでしょう。

 

hinnsitukannri7tuki2e.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の品質管理事例

スタッフ募集中です

→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS