金属焼付塗装・品質管理事例(その35) キズ、打痕!?

Pocket

品質管理で、どの工程でキズもしくは打痕と思われるものが付いたかの調査事例です。

kizu2 (640x460).jpg

丸で囲んだ部位が凹んでいます。

 担当者は、塗装前の工程で付いたキズと判断。

搬送中、塗装段取り、前処理と推察し各工程作業を検討した結果各工程で起こる可能性は低く、取引先との話し合いから品質基準を定めて良否判断を行う必要性ありと報告がありました。

キズもしくは打痕、塗装前の状態では目視では見つけづらいのが現状です。

kizu 1 (640x480).jpg

白いのは下塗り塗料の残存です。

塗膜を除去して原因を確定できましたが、どの工程でキズ、もしくは打痕が付いたかは特定できませんが、品質の向上を図る上では情報交換は継続していかないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の品質管理事例


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS