金属焼付塗装・品質管理事例(その38) メクレ

Pocket

sozaimekure・150倍 (640x480).jpg「材不」の項目に数量が多く記入されていたので、調査を指示し観察した結果鋳肌が剥がれ捲れた状態になっていました。

取引先に連絡し改善をお願いしました。

ダイカスト製品特有の現象です。

外観不良を減らすためにも成型過程できれいに仕上がって欲しいものです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の品質管理事例

スタッフ募集中です

→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS