金属焼付塗装・品質管理事例(その65)沸騰水試験 

Pocket

ネジ取り付け穴にハガレが発生、検証のため実施。

以前、前処理の水洗性(清浄度合)を見るために試験は度々行っていたのですが、前処理の状態を確認するために行いました。

沸騰水試験1時間を行った後、表面にクロスカット、ネジ取り付け穴周りをカットし再度沸騰水試験1時間。

huttoussui test.jpg

huttoussui test1.jpg

クロスカット部をテープ試験、ハガレは無し、切り込み線の際も欠損なし。

付着は十分に出ていると認められる。

 ではなぜ!???

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の品質管理事例


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS