金属焼付塗装・品質管理事例(その68) 湯じわ

Pocket

2014081407100000.jpg

 

湯じわ、素材不良が外観上不具合となり、再塗装となった事例、パテ付けして埋めて平らに。

ダイカストの塗装をしていると、製法上の問題でしょう。

 

事例が示すようにいろいろな現象が必ず表面に出てきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の品質管理事例


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS