2021年5月金属焼付塗装実績 カメラ部品

Pocket

昭和 20 年代に製造されたカメラ、依頼のあったお客さんが大事に保存するというので、 塗装のお手伝いをしました。
当社、今年で創業 61 年目を迎えましたが、創業者は戦前昭和 12 年にこの業界に入り、終戦まで塗装業に関わっていました。
その頃塗装していたのが、カメラ、双眼鏡の光学機器部品でした。 カメラ部品という事で懐かしく感じた仕事でした。

塗膜を剥がした状態

2021年5月金属焼付塗装実績:カメラ部品:塗膜を剥がした状態

下塗り
プライマー

2021年5月金属焼付塗装実績:カメラ部品:下塗り(プライマー) 

艶消し
メタリックシルバー

2021年5月金属焼付塗装実績:カメラ部品:艶消し(メタリックシルバー) 

塗装工程

  • 品名 :カメラ部品
  • 材質 :真鍮
  • 工程 : 

    研ぎ作業 研いで旧い塗膜を剥がす

    清浄作業

    下塗り プライマー 塗膜性能表 No11に該当

    焼付温度  160 ℃× 20 分

    上塗り 艶消しメタリックシルバー 塗膜性能表  No2に該当

    焼付温度  160 ℃× 20 分

     

当社では、お客様のご了承の上、塗装実績をご紹介しております。
塗装に関するご質問等ありましたら、どうぞお問い合わせフォーム、またはお電話にてご連絡下さいませ。

お問い合わせ先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の焼付塗装実績


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly  
RSS