2022年1月金属焼付塗装実績 自転車フレーム・フォーク

Pocket

自転車のツ―リングがご趣味のお客様からのご依頼。

成程と思わせるのは、日焼けした顔だちで、肌も焼けておりました。

かなり、趣味で乗りこなし長距離を走っている様子でした。

フレームには「Tange」とあり専門メーカーの製品なのでしょう。

通常通りの工数を見立て作業に入ったところ、付着性が悪く錆も出ていました。

色合わせでもお客さんの希望する色味を出すために調色をやり直して合わせました。

品質面で見過ごせないので、フレーム、フォークの表面を総研ぎして塗装をしました。

後日お渡しするときその状態を話すと、10年程放置していたとか。

今後は事前に部品の管理状態を確認する必要を感じた塗装でした。

塗装前

塗装前

マスキング

ネジ、穴

マスキング ネジ、穴

フォーク
下塗り

フォーク 下塗り

フレーム
下塗り

フレーム 下塗り

フレーム
上塗り

フォーク
上塗り

塗装工程

  • 品名 :ロードバイク用自転車部品
  • 塗色 :ブルーメタリック
  • 工程 : 

    サンディング

    シンナーふき取り

    マスキング

    下塗り プライマー黒 塗膜性能表 No11に該当

    焼付温度 160℃×20分

    上塗り ブルーメタリック アクリル樹脂 塗膜性能表 No2に該当

当社では、お客様のご了承の上、塗装実績をご紹介しております。
塗装に関するご質問等ありましたら、どうぞお問い合わせフォーム、またはお電話にてご連絡下さいませ。

お問い合わせ先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の焼付塗装実績


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly  
RSS