品質管理

品質管理の一覧

1 / 212
DSC_0072 (800x450)

1昨年より、雨ざらしにして1年と5ヶ月間経過、発錆は無し。 材質SECC 右より2枚は溶剤脱脂、アクリル樹脂2分艶黒、 左はアルカリ洗浄、アクリル樹脂2分艶黒、 傷が付かなければ十  …続きを読む→

金属焼付塗装品質管理事例(その88暴露試験継続中)

crosscutNo1 (800x600)

お問い合わせを頂いた兵庫県のお客様から「アルミ板を塗装後抜き加工するのでとの付着・密着性相談」。その検証の事例です。 No1 前処理 エッチング工程 浸漬50秒 下塗りプライマー、  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その87)付着・密着性

DSC_0050 (800x450)

層間剥離 ◆ 現象 重ね塗りした塗膜と塗膜の間に起こる剥離の現象。 ◆ 要因 ① 塗料として、塗料の内容にもよるが塗料の中の油分、吸水率の相違など下塗り、上塗りの     組合せに  …続きを読む→

金属焼付塗装品質管理事例(その86)層間剥離

tennhakuri

テープテストで発生、下地・黒クロメート、→で示す部位(光っている) 素材。 結果からの判断ですが、クロメート処理前に付いていた固着物がいたずらか?。  

金属焼付塗装・品質管理事例(その85)点剥離

DSC_0985 (800x394)

材質はADC12。  以前、鉄で塗装後糸錆が発生した例がありました。 錆の事例で、何度か海外で加工のダイカスト製品が腐食した塗装の相談を受けた事があります. このケースは機械加工で  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その84)腐食

お客様から説明を聞くとヨーロッパから購入したランプ、送られて来たら「塗装面がべとべとして、新聞紙の文字(フランス語)が表面に転写され、新聞紙がこびりついた状態」というのです。 &n  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その83)もどり

DSC_0770 (1024x878)

ハガレでご相談を受けた案件です。 鋼板に塗装した製品ですが、塗り重ねしたため約160μ±5μほど塗膜厚があり、塗膜内のストレスの影響で剥がれたと思われます。 鋼板は亜鉛メッキの色が  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その82)ハガレ

tyuusu 2200

目視検査では見えず、シルク印刷後に鋳巣の不良と判明。 ルーペ20倍で確認。 写真はデジタルマイクロスコープにて撮影。 写真1   上から撮影。 斜めから撮影。   &nb  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その81)鋳巣

hukure1

膨れを開いてみました。 鋳造中に鋳込まれたガスが膨張して膨れや変形ができますが、湯には異物が混じっているのが分かります。 茶色の異物何だろう? 溶解炉中で発生する酸化物や金属間化合  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その80) フクレ

urokotype

赤丸で囲んだ部分にわずかな筋が表出し模様ができて、その一部に盛り上がった部分がありそれがブツとなっています。 湯の流れが原因なのでしょうが、多くのダイカスト製品を扱っていますが検査  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その79)鋳肌のブツ

DSC_0080

この現象は、製造過程でどうしても起こるようです。

金属焼付塗装・品質管理事例(その78)・鋳肌の突起(ブツ)

見た目糸ゴミのように見える。

30倍に拡大して見ると、鋳肌に突起が出ていました。

金属焼付塗装・品質管理事例(その77)ブツ

デジタルマイクロスコープ

デジタルマイクロスコープを活用 ダイカスト製品の焼付塗装を主に行っていますが、他の金属製品と異なり鋳肌に外観不良となる要因を抱えている場合が多々あります。 品質管理上、原因究明のた  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理について

rfke-su02.jpg

巣穴による塗膜の膨れ現象。 作業中に見つけ、デジタルマイクロスコープで観察すると下の写真で示すように膨れた箇所に巣穴が! 研いで200倍で観ると巣穴とおぼしき箇所が。 状況から、異  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その76)フクレ

hyoumenn1 (640x480).jpg

外観不良となる鋳肌を持っている。 仕上げは※サテンコートを塗布しているので隠れます。 塗料メーカーも鋳肌の仕上げ、状態をその塗料を使えば工程が省けると提案しています。 ※サテンコー  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その75)アルミダイカスト表面

IMG_1192.JPG

研ぎを掛けて、金属片が取れて判明。

金属焼付塗装・品質管理事例(その74)ハガレ

suana .JPG

金属表面の調査を塗装段取り担当者に依頼、 デジカメの撮影ですが、様子が見て取れます。 クローズアップで撮影が出来、今時のカメラは性能が上がっています。

金属焼付塗装・品質管理事例(その73)巣穴

mx18panel.jpg

今朝、パネル部品の外観を何気なく見ると、繊維クズと見える外観不良が目に付きました。 早速、デジタルマイクロスコープ、50倍で観察すると素材表面の突起と判明。 ダイカスト製品には常に  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その72)鋳肌の突起

ke-sub1410302 (640x480).jpg

亜鉛ダイカストの製品から見つかりました。 何が原因か特定するのが難しく観察だけは怠りません。 前回の現象と同じですが鋳肌の出方が物々と連なり、その点が今回の違い。 かさぶたみたいな  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その71)鋳肌のブツ

1292-3reapaneru.jpg

H26.10.15 検査で判明、素材による不良です。 ダイカストの製法上の問題で解消は困難なようです。 以上

金属焼付塗装・品質管理事例(その70)鋳肌による外観不良

sozai1.jpg

突起が連なった状態かな? 見た目は糸ゴミが付着したように見える。 次は棒状の凹み、金型キャビティーの突起が写ったのかな? 専門家に聞いてみよ。 突起、異物が混入か?     …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その69)素材の不良

2014081407100000.jpg

  湯じわ、素材不良が外観上不具合となり、再塗装となった事例、パテ付けして埋めて平らに。 ダイカストの塗装をしていると、製法上の問題でしょう。   事例が示すよ  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その68) 湯じわ

butu14821.jpg

この原因究明をしなければ!!。 不良率が際だって高いので現在、原因を調べているのですが状況から観察して、浮遊物でなく且つ、塗装工程作業で付着するようなものではないのではと推察し、専  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その67)ブツ

2014071516190000.jpg

塗装例では無いですが、機械加工で不良になった例。 湯の状態(カオス)から形に変わる鋳物いろいろな問題を抱えながらの作業です。  

金属焼付塗装・品質管理事例(その66) 湯ジワ

huttoussui test.jpg

ネジ取り付け穴にハガレが発生、検証のため実施。 以前、前処理の水洗性(清浄度合)を見るために試験は度々行っていたのですが、前処理の状態を確認するために行いました。 沸騰水試験1時間  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その65)沸騰水試験 

suanahukure.jpg

巣穴が原因でフクレの外観不良が起きた例です。 ダイカスト製法の宿命的な問題ですね。   丸印が巣穴です。  この状態から溶剤で塗膜をふき落とした。  

金属焼付塗装・品質管理事例(その64)巣穴

zirei 040617.jpg

写真が示すようにブツの原因が棒状のものパーティクルとも思われないし、作業工程で付くような形状でもないし、現象から推察すると湯の中に混じっている異物かな!? ダイカスト塗装の品質管理  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その63)ブツ

素材に付いている糸ゴミ、ノリ.jpg

研磨加工の際に、表面に食い込んで付着した糸ゴミ(繊維くず)、この事例はたまに発見されます。 作業担当者は加工工程で糸ゴミ(繊維くず)が付くなんて思いもよらないと思います。 根気強く  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その62) 糸ゴミ

DCIM2440.JPG

モーターのケース、ケーシングに使われるアルミダイカスト製品に出たハジキ! その後、同様な処理で消えたので前処理工程は変更せずに済みました。 ハジキはいろいろの原因が有りますが、今回  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その61)ハジキ

bari-1.jpg

受入れ検査時に見つかった加工不良。 バリが残ってしまった。鋳造から仕上げまでいくつかの工程を経て当社に来るのですが、 このように受入時に検査は必要です。 このまま塗装するとブツとい  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その60) バリ

kaba-.jpg

亜鉛ダイカスト、受け入れ時、抜き取り検査で仕上がりを確認するようにルーテインを設けています。 その際に見つかった鋳肌のフクレ、塗装すればブツの外観不良になる不具合。 寸法は0.5m  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その59) フクレ

zirei1.jpg

取引先から返品された製品から見つかりました。 当社、ダイカストの塗装が多く、鋳肌に問題もあるためこの様なケースの場合、マイクロスコープで調査するように指示してあります。 「爆発とい  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その58) ブツ

arumihusyoku (640x480).jpg

以前中国より船便で入荷した塗装されていないアルミダイカスト製品に発生したもの。 封を開けると、梱包はひどく、トレーから中身が飛び出していて、ぶつかり 合い、キズ、ダコンになっている  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その57) 腐食

hukure0.jpg

アルミダイカスト製品の特徴が塗装後こんな形で不良として出てきます。 巣穴が原因と思われます。 日々の品質管理で見付けます。 製法上の問題ですね。 しっかり管理せねばと感じております  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その56) フクレ

kaba-butu1 (640x480).jpg

鋳肌のブツが原因の外観不良事例、過去にも何度か紹介していますが無くなりません。 この様に、品質管理を継続していないといけません。 塗装されている表面。 その塗膜を除去したのが下の写  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その55) ブツ

itogomi・1 (640x480).jpg

前回は、鋳肌の形状から糸ケバに見えてしまう現象を紹介しましたが、今回の現象金属表面の細かい傷に引っ掛かってしまった事例です。 検査で、発生比率が高く、異常と考え塗装工程前の問題と判  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その54) 糸ケバ

28sitaka-su (640x480).jpg

鋳肌の凸部が糸状に形成されて糸ケバに見える現象です。 肉眼だと区別は無理ですね。! ダイカスト塗装、長年取り組んでいますが様々な現象と出会うものです。 観察、継続をしないとダメです  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その53) 糸ケバ?

5.8hukure.jpg

このブログでご紹介している様々鋳肌に起る現象、塗装するとブツという外観不良と判断されがち。 このような拡大写真、観察が可能なデジタルマイクロスコープは品質管理上当社のように様々なダ  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その52) フクレ

5.8hagare(640x480).jpg

鋳肌に一部に剥がれが起きた現象、湯の流れに関わるトラブル、鋳造諸条件をマッチングさせることで解消するのでしょうがいろいろな現象と出会います。 品質管理上、鋳造された製品の鋳肌観察は  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その51) ハガレ

2460aburanizimi2 (640x480).jpg

塗膜生成後、加熱により巣穴からにじみ出たと思われる。 トラブルが色々と出てきます。  

金属焼付塗装・品質管理事例(その50) 油のにじみ

hagare0502-3 (640x480).jpg

溶湯が金型に注入され一瞬の流れで形成されるダイカスト製品。 品質管理を継続しなければならない理由がそこにあります。 湯口、金型形状・キャビティ、流れ、圧力、金型温度、離型剤等様々な  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その49) ハガレ

130401mekure (640x480).jpg

品質管理の過程で見つかった鋳肌の現象。 鋳肌の一部がメクレ、ハガレと観察された事例。   ダイカストの鋳肌、観察を継続していると様々な現象が見えて来ます。

金属焼付塗装・品質管理事例(その48) ハガレ、メクレ

312 1151 hagare (640x480).jpg

前々回同様、巣穴が原因で剥がれが! 今回は3D解析画像200倍、巣穴を捉えています。 噴火口のようにクレーターが形成されています。 (その45)と同じ原因、この写真から類推できまし  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その47) ハガレ

1151butu (640x480).jpg

塗膜を除去すると鋳肌に僅かな突起があり、それが外観上ブツと現出した事例、 この例は過去にも紹介していますが、今回このロットには巣穴が原因と思われる剥がれも発生、前回ご紹介したものが  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その46) ブツ

3.11hagare  (640x480).jpg

映像を観察しその原因を調べました。 観察の経験から、クレータ状になっていることから内在するガスが出て塗膜を膨らませて状態から破裂してその形に生成されたと思われます。そして不純物(離  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その45) ハガレ

SUANA1 200倍 3 (640x480).jpg

他国で鋳造された製品から。 当社へ相談を持ち込まれ、対応した事柄。 持ち込まれた時は、かなり表面の汚染が酷く、まずはシンナーで汚れ落とし。 鋳肌の表面の仕上がりが悪く研磨をしたので  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その44) 巣穴、かけこみ!?。

hagare25-2-5-250倍 (640x480) (640x480).jpg

他社で前処理済みの塗装品を塗装したモノから発生。 今までの経験から、前処理は自社でなるべく行うようにしているのですが、 このようなケースがたまにあります。 巣穴に残留した異物(おそ  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その43) ハガレ

1028butu (640x480).jpg

前回のブツはショットブラストの研磨剤が付着したものでしたが、今回のブツは鋳肌の突起によるものです。 品質を高めるためには無くしたい現象ですがダイカスト製法上に関わることなので困難な  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その42) ブツ

ke-sub1 (640x480).jpg

入荷した製品、塗装前に表面にブツが多くついていたのでゴミの付着かと調べると、 ショットブラストの玉でした。 ダイカスト製品、仕上げるのに様々な加工がありますが、ショットブラスト工程  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その41) ブツ

sennigomi1.jpg

ここ最近、「材不」の項目の数が目立つので担当に指示して調査をさせたところ見つかった不良。 見た目は繊維くず(糸ケバ)に見えたが、詳しく見たところクラックに繊維クズが引っかかっていた  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その40) 繊維クズ

1 / 212

過去の品質管理事例

スタッフ募集中です

→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS