金属焼付塗装・品質管理事例(その17)ハジキ

Pocket

塗粒子が平均に付着しないではじかれたような斑点を生ずる現象です。

haziki1.jpg

脱脂不良、被塗面に水分、油分、シリコン類等が付着していた場合などに発生です。

このケースは静電塗装した製品から起きました。

たまに不良としてロット中数個ほど出る場合もありましたが、今回作業で多く出たので、

現場責任者に調べるように指示、取引先の工程に問題はなかったかなど原因調査をしたのですが現在のところ脱脂不良ではないかと考えています。

その理由として、脱脂槽の更新時期が迫っていたと現場より報告がありました。

それと汚染状況がいつもよりひどかったかもしれません。

次回はその点の確認をするように指示しました。

haziki2.jpg

200倍で撮影すると、目につかいない表面状態が見えてきます。

筋状になっている面は研磨跡と思われます。

ハジキに関して技術資料より他の事例を紹介しています。

 はじきの参考資料.pdf 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の品質管理事例


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS