金属焼付塗装・品質管理事例(その19) マグネダイカスト バリ

Pocket

ダイカスト部品は当社に来るまでには、トリミング、バリ取り、やすり掛け、ペーパー研ぎ、ショットブラスト、機械加工等、さまざまな工程を経て仕上げられてきます。

しかし、その工程の中で見落とされた不具合も持ち込まれますので、当然ながら検査工程でチェックして不良品として扱います。

ダイカストで作られた部品は多くの手間をかけて塗装工程で部品として完成されます。

bari.jpg

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の品質管理事例


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS