金属焼付塗装・品質管理事例(その21)はがれ

Pocket

塗装仕様のテスト段階で発生した事例です。

決められた仕様で塗膜生成した後、物性試験のクロスカット(付着テスト)行った結果、

ハガレが発生しました。HAGARE.jpg

着目したのが、ハガレを起こした金属表面でした。

エッチングされず化成皮膜が乗っていないように見えるのです。

その違いを確認するため化成処理が正規に行われている表面を観察。

HIMAKU ZYOUTAI .jpg

写真の比較で分かるように、エッチングされていないと判明。

 ダイカスト製品の作業工程を調べ、阻害要因として研磨剤の残渣と判明。

それが付着不良原因でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の品質管理事例


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS