金属焼付塗装・品質管理事例(その33)巣穴とフクレ

Pocket

巣穴によってフクレの現象が異なった事例をご紹介します。

材質は鉄鋳物、下塗り工程で発生、この時の焼付け温度は170℃×20分。

面白いことにたまたま3つの巣穴が並んで、それぞれの反応に違いが出ていました。

写真1

suanano-hukure (640x480) (3).jpg

写真1の上の巣穴拡大写真

suanano-hukure1 (640x480) (3).jpg

写真1の真ん中の巣穴は膨らんで風船状態。

suanano-hukure2 (640x480) (2).jpg

その3D写真。

この膨れを除去して巣穴を観察すると漏斗の形状になっていました。

 suanano-hukure3 (640x480) (2).jpg

 巣穴によって違いが出るようです。

写真1の下の巣穴は円筒形になっていたためにガス抜けがよく膨れにならなかったようです。 

径はほぼ0.5ミリと同じでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の品質管理事例


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS