金属焼付塗装・品質管理事例(その45) ハガレ

Pocket

映像を観察しその原因を調べました。

観察の経験から、クレータ状になっていることから内在するガスが出て塗膜を膨らませて状態から破裂してその形に生成されたと思われます。そして不純物(離型剤)が巣穴から出て付着を阻害したのかと。

これ以上の分析は困難、経験則から推察しました。

 3.11hagare  (640x480).jpg

3・1hagare (640x480).jpgダイカストの塗装を長く手がけていますが、デジタルマクロスコープを導入して解明は進歩しましたがここで取り上げているように、

ダイカスト製法、表面処理(塗装)をしていると様々な形で不良現象が出てくるものです。

一瞬で溶けた金属を金型に押し込む際、その要因を抱えながら成形されるのでしょう。

品質管理上このような観察作業が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の品質管理事例

スタッフ募集中です

→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS