金属焼付塗装・品質管理事例(その60) バリ

Pocket

bari-1.jpg受入れ検査時に見つかった加工不良。

バリが残ってしまった。鋳造から仕上げまでいくつかの工程を経て当社に来るのですが、

このように受入時に検査は必要です。

このまま塗装するとブツという外観不良になります。

 鋳造メーカーの先輩から聞いた言葉、「形無いものから形有るものにする仕事は難しい」日々このように観察していると実感です。

炉にある溶けて金属がカオスの状態、混沌とした状態から一瞬に形となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の品質管理事例


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS