金属焼付塗装・品質管理事例(その71)鋳肌のブツ

Pocket

亜鉛ダイカストの製品から見つかりました。

何が原因か特定するのが難しく観察だけは怠りません。

前回の現象と同じですが鋳肌の出方が物々と連なり、その点が今回の違い。

ke-sub1410302 (640x480).jpg

かさぶたみたいな状態になっている。

ke-sub14103023 (640x480).jpg

研いでみた。

異物が吸着しているみたい。

ke-sub14103022 (640x480).jpg

同じ現象が他の場所にも認められる。

何だろう。

ブツブツには焼付した時にも出るがそれとは違うし!!!

カオス状態から瞬時に形になる鋳造方法、様々な要因を抱えながらの仕事です。

観察、原因究明は大変だ。

吸着していたのは細かい金属の粒のようです。

ke-sub1410301.jpg

担当者の報告2014.10.31

ブツをアセトンで拭き取りしました。
いくつかの製品で、同じところにあるので素材かと
思い、拭き取りをしていった所、落ちました。
拡大してそのブツの原因を見たところ、金属の
玉のような形状のものが多数付着していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の品質管理事例

スタッフ募集中です

→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS