金属焼付塗装・品質管理事例(その72)鋳肌の突起

Pocket

今朝、パネル部品の外観を何気なく見ると、繊維クズと見える外観不良が目に付きました。

早速、デジタルマイクロスコープ、50倍で観察すると素材表面の突起と判明。

ダイカスト製品には常について回る品質上の問題です。

mx18panel.jpg

mx18panel1.jpg

肉眼ですとその輪郭が繊維に見えてしまいます。

拡大して分かりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の品質管理事例


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS