当社の塗装部品の使用例ご紹介(2)

Pocket

川越第二工場で塗装している部品の使用例をご紹介します。
日常品として馴染みのあるエアゾール缶の蓋として使われています。部品名をマウンテンカップと呼称します。塗装する部品すべてが使われるのでなく、塗装せず、プレコートされたものなどがあります。内容物の充填剤などによって使用が決められています。
その写真を掲載します。
写真1
DSCN0418%20small.jpg
写真2
写真のように部品の裏側に塗装します。
DSCN0423%20small.jpg
写真3
その部品が使われている様子。
DSCN0425%20small.jpg
塗装方法は、スピンドル塗装で、部品(被塗物)を高速回転させ塗装します。
自動で行いますが、塗料の濡れ性に注意して作業しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の塗装技術情報


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS