模様の均一化、ハンマートーン

Pocket

ハンマートーン、シリコンを使って意図的に表面張力を乱して模様を出します。

従い、塗布量、霧加圧、パターン、塗装距離、塗料調整粘度など種々の条件により模様が変わるので職人さん、フラット塗りより神経を使って作業に当たります。

当社、ネットに置いて塗装するので上面のほうが塗布量が多くなり、模様が大きく出る傾向になり、

側面は多少細かく出ることになりますが、なるべく均一になるようにとスプレーの際注意してます。

 

2014033009350000.jpg

上面

2014033009360000.jpg

  側面

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の塗装技術情報


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS