再塗装完成品–通信機器–

Pocket

2ヶ月ほど前に問い合わせがあり引き受けた再塗装品です。

返礼のメール文で示すように50年前の代物、

剥離、メッキと塗装できる状態にするために、小口ながら外注先が協力してくれました

量産を手掛ける中、忙しかったのですが、ちょっとづづ時間を割いて作業しました。

お渡しする時、完成品の写真を送りますと言われ、下記のメール文に添付されてきました。

 

「通信機本体のレストア修理1台分が完成したので、塗装したケースをかぶせました。
スピーカボックスも、スピーカを収納し完成しました。

写真を4枚撮りましたのでお送りします。ご利用ください。
ファイル容量が大きかったので少し縮小しました。
もし不都合があればご連絡ください。

出来栄えは、約半世紀前の製品が現代にリフレッシュしてよみがえったようです。
新品として、売れそうです。

今回は大変ありがとうございました。

                                                   〇〇〇〇             」

DSCN4145.JPGDSCN4146.JPG
 DSCN4147.JPG

DSCN4148.JPG返礼文にもある様に、新品に生まれかわりました。

アメリカ番組で車のレストア作業を見せるテレビ番組があるのですが、古びた車が新品になると同じ印象が湧いてきます。

塗装のマジックですね。

 脇に置かれているスピーカーも当社が塗装、来月、塗装仕様を金属塗装実績で詳しくご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の塗装技術情報


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS