レザートーン塗装(模様を合わせる)

Pocket

職人が通常通りのイメージで塗装したレザートーン塗装の模様が際立っているので、同梱したサンプル塗板に合わせて欲しいと得意先からクレーム。

そして、職人と打ち合わせしながら塗料調整し塗板に試験塗装。

上がサンプルの塗板、下が塗料調整した塗料で塗ったレザートーン模様、お客様に塗板を写真で見て頂き了解を得ました。

 

その塗り方で塗装したものが下の写真。色はN3でです。

写真撮影の具合で色合いが違って見えますが、模様の見え方がぼんやりした感じに変わりました。
何故このような問題が起きたのは他社で塗装したボックスにこのパネルを取り付けるので模様を合せる必要があった為です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の塗装技術情報


→社長ブログを見る

follow us in feedly  
RSS