タグ“デジタルマイクロスコープ”が付けられたページ

タグ“デジタルマイクロスコープ”が付けられたページの一覧

金属焼付塗装・品質管理事例(その20) ハジキ

品質管理事例で、前にご紹介した製品にまた発生。 前回の事例から、汚染度が高いと判断して対応した手段は、 洗浄時間、中和時間を延長しました。 しかし、同様にハジキが発生、 割合として  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その19) マグネダイカスト バリ

ダイカスト部品は当社に来るまでには、トリミング、バリ取り、やすり掛け、ペーパー研ぎ、ショットブラスト、機械加工等、さまざまな工程を経て仕上げられてきます。 しかし、その工程の中で見  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その18)ブツ3D画像

デジタルマイクロスコープには、3D機能があります。 その機能を使い、外観不良として選別されたブツを200倍に拡大して3D画像に編集した写真です。 ドットゲージと呼ばれるものがあり、  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その17)ハジキ

塗粒子が平均に付着しないではじかれたような斑点を生ずる現象です。 脱脂不良、被塗面に水分、油分、シリコン類等が付着していた場合などに発生です。 このケースは静電塗装した製品から起き  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その15)粒状のフクレ

表面に粒状になって現れた現象です。 当然、見た目では外観不良に分別されたものから調査し、 原因を究明して、見つかったものです。 小さな空洞があって膨張したものかと、表面を研いで巣穴  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その14)バリ、湯じわ

塗装不具合として返品された製品を確認した結果、ダイカストの成型時にバリの形として現れた現象。 目視で見分けがつかないケースが多々起きます。     次の写真は同  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その13)フクレ 亀裂

前回と同じ現象ですが、原因が違って、アルミダイカスト製品の表面のわずかな亀裂に沿って塗膜が盛り上がり糸ケバに見える現象です。 塗装工程の前では発見しにくいもので、ダイカスト、鋳造な  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その12)金型によるキズ、フクレ

外観検査後、原因特定のためデジタルマイクロスコープにて観察。 写真上、矢印で示す範囲が金型のキズから発生したものと思われる。 肉眼で見ると塗膜に付いた糸ケバ(繊維くず)に見えます。  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その11) 擦り傷 打痕 変形 

今月ご紹介しますのは、納入先から返品された部品の調査から出て来たものです。 品質検査して出荷していますので、検査工程での漏れか他の原因によるものか担当者が調べたい結果、納入先で起き  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その10) フクレ、粉付着

事例をご紹介します。 写真1 外観不良の原因は何か判断するために、ブツ表面を研ぎ出し。   写真2 研ぎだした箇所をデジタルマイクロスコープで観察してフクレと判明。 写真  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その9) メクレ、シワ、マスキング不具合

素材から発生した外観不良原因とマスキングシールの接着が弱いために起きた塗装不良の事例です。             &n  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その8)打痕

打痕跡 寸法は直径で5ミリ、長さが8ミリのネジ部品です。 素材は亜鉛で、塗装はせず化成皮膜処理のみの作業です。 写真で示す通りネジ部に打痕があり、取引先より作業に問題はないかと指摘  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その7)フクレ、巣穴、ひび割れ、擦り傷

ダイカスト表面に表れたフクレ、巣穴、ひび割れ、擦り傷の例です。 フクレ 下の写真は200倍に拡大 上の写真はフクレで、前処理の段取り工程で見つけられました。 製品の表面が反射でキラ  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その6)ダイカスト外部欠陥

今月の事例は、ダイカストの外部欠陥が影響し外観不良となって表れた事例です。 ダイカストの鋳造の欠陥の種類を大きく分けると、 寸法上の欠陥 外部欠陥 内部欠陥 その他 となります 写  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その5)含浸処理、繊維クズ固着

今回は、含浸処理と加工工程により発生した例をご紹介します。 含浸処理とは、ダイカスト製品の鋳巣、ピンホールを封孔する処理を言います。 紹介した部品は気密性を保持しなければならないの  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その4)ダイカスト外観不良

今回の不良事例はダイカスト製品の不良が外観不良となった例です。 溶かした金属を一瞬の間に、金型に流し込む時、湯(溶けた金属)の流れ方、凝固の仕方などから様々な不良の出方が起こります  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その3)研磨剤付着

前回ご紹介した事例と同じで、異物が固着したケースです。 塗装作業前に、見つけたので塗装不良にはなりませんでした。 この異物が研磨剤だと、作業者がわかったのは以前にもこのようなケース  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その2)タッピンググリス付着

ネジ穴の周りにハガレが発生した事例です。 原因は、機械加工する時、加工性を高めるためタッピンググリスを使用した為と判明しました。通常は液状のものを使用するのですが、効率を考え使用し  …続きを読む→

金属焼付塗装・品質管理事例(その1)糸さび

錆により、塗装トラブルが発生した事例をご紹介します。 被塗物は、鉄鋼製、厚さ1cmほど、直径20cmのフランジです。 5月塗装実績でも説明したとおり、下地にリン酸亜鉛皮膜を施し塗装  …続きを読む→

当社、品質管理のご紹介

有限会社フジックス 品質管理のご紹介

ダイカスト製品の焼付塗装を主に行っていますが、他の金属製品と異なり鋳肌に外観不良となる要因を抱えている場合が多々あります。 品質管理上、以前お知らせでご紹介しましたが、原因究明のた  …続きを読む→

過去のお知らせ


→社長ブログを見る

follow us in feedly  
RSS