金属焼付塗装実績:管球アンプ筐体1式(2017年10月)

Pocket

新潟のお客さんからのご注文です。

アナログの音響装置が流行っていると聞いていましたが、この製品もアナログ音響装置。
管球と名をつけていますから真空管を使うアンプです。
シルバーハンマートーンとのご指定は、この装置を購入される方からの要請のようで、半世紀前輸入品の音響装置などに塗られていた影響のようです。
その分野では、高級塗装と認知され好まれるようです。

前回も、シルバーハンマートーン塗装を紹介しましたが、当社では他の色も扱っています。
ハンマートーン塗装ページをご覧ください。

 

塗装後① 2017年10月金属焼付塗装実績 菅球アンプ筐体1式 塗装後① 
塗装後② 2017年10月金属焼付塗装実績 菅球アンプ筐体1式 塗装後② 
塗装後③ 2017年10月金属焼付塗装実績 菅球アンプ筐体1式 塗装後③ 

素材

  • SECC

塗装工程

当社では、お客様のご了承の上、塗装実績をご紹介しております。
塗装に関するご質問等ありましたら、どうぞお問い合わせフォーム、またはお電話にてご連絡下さいませ。

お問い合わせ先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の焼付塗装実績


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS