金属焼付塗装実績:操作デスク部品(2018年3月)

Pocket

群馬県の取引先から問合せフォームで1点物のご依頼、電話で添付資料の内容確認の打ち合わせをしました。
模様塗装、サテンコート、レザートーン(シボ)塗装のどちらかのご希望でしたがシボ塗装に決まりした。
ネジ部にはマスキングの指示、テープで行いました。
SPHC鋼板=SPHCとは熱間圧延鋼板で黒皮皮膜付き。素手で触ると手が真っ黒になりますが錆び難く扱い易い素材です。
通常、リン酸亜鉛皮膜を施すのですが、手間、コストを考慮し防錆はエポキシプライマーを使用、密着性にも効果があります。
模様は細かなシボとしました。
当社 中物、小物製品を多く手がけていますが、模様もサイズに合わせて細かめになる傾向があります。

 

【パネルメーター取付】
塗装後
2018年3月金属焼付塗装実績 操作デスク部品-パネルメーター取付 塗装後
【化粧板】
塗装後
2018年3月金属焼付塗装実績 操作デスク部品-化粧板 塗装後
【化粧止め金具】
塗装後
2018年3月金属焼付塗装実績 操作デスク部品-化粧止め金具 塗装後

塗装工程

塗色:7.5PB6/2 メラミン樹脂 シボ塗装

素材:SPHC1.6t 鋼板

  • 溶剤脱脂
  • マスキング
  • 下塗り エポキシプライマー 塗膜性能表No11に該当 焼付温度 160℃×20分
  • 中塗り フラット塗装 メラミン樹脂 塗膜性能表No1に該当
  • 上塗り シボ塗装 焼付温度 160℃×20分

当社では、お客様のご了承の上、塗装実績をご紹介しております。
塗装に関するご質問等ありましたら、どうぞお問い合わせフォーム、またはお電話にてご連絡下さいませ。

お問い合わせ先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の焼付塗装実績


→社長ブログを見る

follow us in feedly   RSS