2020年12月金属焼付塗装実績 パター

Pocket

ホームページからお問合せでした。

内容は「川越市に住んでいます個人です。今まで使っていたパターのヘッドがずいぶんと痛んできた(塗装剥がれ?メッキ剥がれ?)ようなので、きれいに治るようでしたらお願いしたいと思いました。」との要望でした。

お近くにお住まいとのことなので、状態を見るために持参して頂きご相談。

パターの打痕などは修復が無理と説明し、塗装だけで構わないとの事でした。

当社にある在庫の塗料からシルバーメタリックを選んで頂きました。

シャフトが付いたままの塗装になるので自然乾燥型の塗料で仕上げました。

パター塗装の依頼は数例しかないですが、依頼する方の共通としてパターに強い愛着を持っています。

 

上塗り

 

下塗り

塗装工程

  • 部品名:パター
  • 工程 : 

    清浄作業 汚れ、皮脂などを取る。

    下塗り プライマー 塗膜性能表 No11に該当

    自然乾燥

    通常は焼付をしますが、熱を加えられないので常温で乾燥

    上塗り メタリックシルバー 塗膜性能表No3に該当

    自然乾燥 

    2液型の塗料、化学反応で硬化させます。

    熱を加える強制乾燥も可能です。

    塗膜物性を出すために1週間ほど寝かせました。

当社では、お客様のご了承の上、塗装実績をご紹介しております。
塗装に関するご質問等ありましたら、どうぞお問い合わせフォーム、またはお電話にてご連絡下さいませ。

お問い合わせ先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の焼付塗装実績


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly  
RSS