金属焼付塗装・品質管理事例(その14)バリ、湯じわ

Pocket

塗装不具合として返品された製品を確認した結果、ダイカストの成型時にバリの形として現れた現象。

目視で見分けがつかないケースが多々起きます。

 

9tuki hinnkann.jpg 

次の写真は同じ箇所に出た現象で、打痕ではないかとは判断されたが、拡大してみると湯じわの現象に見える。

9tuki hinnkann1.jpg湯の流れ方から起きる現象です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の品質管理事例

スタッフ募集中です

→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS