金属焼付塗装・品質管理事例(その67)ブツ

Pocket

この原因究明をしなければ!!。

butu14821.jpg

butu14822.jpg

不良率が際だって高いので現在、原因を調べているのですが状況から観察して、浮遊物でなく且つ、塗装工程作業で付着するようなものではないのではと推察し、専門家1級ダイカスト技能士に写真を見てもらい見解を述べて貰った。

私の推察通り、湯に混じる異物なのではと判断された。

形状からもともと混じっていたような形に見えることが一つの判断基準となっている。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の品質管理事例


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS