当社の塗装部品を使用した製品のご紹介(3)

Pocket

前にもお話しましたが、当社が塗装した部品が製品に使われているのを見ることは稀なのですが、今回ご紹介する部品はデジカメのファインダーのフレームの塗装です。数年前に扱った塗装品です。
サイズは、2センチ×1センチの板状の部品です。
前処理する際、小さいものですので小さいバスケットに小分けし、皮膜が均一に付く様に注意して作業したのですが、形状の問題から重なって皮膜が不均一なモノが発生し塗装した後、その跡が塗膜表面に出る不具合が起こりました。品質改善のため、バレルを使用し、回転させながら処理できる装置を製作して重なって起こる皮膜の不均一を解消しました。
その部品が使われている製品が下の写真です。
2009-11-12%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%A1%20%E4%BF%AE%E6%AD%A3.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の塗装技術情報


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS