塩水噴霧試験 連続1000時間クリアー

Pocket

%E5%A1%A9%E6%B0%B4%E5%99%B4%E9%9C%A7%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%90%E6%99%82%E9%96%93%20003.jpg
上の写真はADC12の素材に当社が塗装を施したテストピース
試験規格 JIS Z2371 食塩水5% 温度35℃
左側A
塗装仕様 ノンクロムタイプ化成皮膜+プライマー(下塗り)+アクリル樹脂(上塗り)
右側B
塗装仕様 3価クローメート+プライマー(下塗り)+アクリル樹脂(上塗り)
A試験片 膨れなし、クロスカット部に侵食なし
B試験片 膨れ発生、クロスカット部に侵食あり 
6価クローメートが使用できなくなり、代替品として3価クロメートが使用されるようになりましたが、当社では以前より付着性に難点があることが作業上判っていました。取引先の要望で3価を使用するときは付着性を高めるためにプライマーを使用しなければなりません。
当社標準のノンクロムタイプは付着性に優れているので、防錆力は充分発揮できるだろうと検証するために、薬品メーカーの協力を得て試験を実施しました。
やはり、防錆力は下地処理が基本という事を再確認した結果となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の塗装技術情報


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS