塗装方法と機器について

Pocket

塗料をどのような機器を使って塗装しているのか説明します。
大きく分けて次に分類されます。
1 塗り広げるもの
  刷毛 、ローラー、ロールコーター
2 霧化して塗布するもの
  エアスプレー、エアレススプレー、静電塗装
3 浸漬するもの
  ディッピング、電着塗装、遠心塗装
4 その他 
  カーテンフローター、粉体塗装、マーキングフィルム
                   (都立産業技術研究センター資料より抜粋)
当社は、機器としてエアレススプレー、エアスプレー、静電塗装等の機器を使用しています。
それぞれ、形状などを考慮して方法を決めます。
多品種小ロットの扱いが多いので、エアスプレーの機器が一番使われる結果となっています。
また、汎用性いおいても他の機器よりは応用が利くためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の塗装技術情報

スタッフ募集中です

→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS