塗装ブースに新技術を導入–NCLフレッシュシステム付き塗装ブース–

Pocket

昨年、12月17日作業環境改善、環境保全の目的でアルカリイオンフレッシュ・システムを導入しました。

当社の場合は、既設のブースにアルカリイオン水を生成する装置の増設となりました。system1.jpg

katarogu2.jpg 

この装置から生成される水をブースに流入するとオーバーミストの分解を行いスラッジを簡便にとれる様になります。

導入して1ヶ月近くになりますが、セールスポイントである効果が認められています。

このシステムの用途開発をした社長さんとは、22年前所沢工場に設置した自動塗装機開発を提携した経験があります。

昨年暫くぶりに電話があり面談を申し込まれました。

懐かしさもあり、会いましょうという事になり、あった時に出た話がこのシステムでした。

内容を聞き、現状ブースにはった水に悪臭が出ていることと、スラッジに粘りが残って掃除に苦労していたので、導入を決めました。

社長が言うような利便性を出すには当社のブースを改造する必要もあるようですが、効果が出ているので決めてよかったと思っています。

 

★ 追記

平成23年5月の連休を利用し、ユーブイ・テクニカ社製 商品名「NCLフレッシュシステム付き塗装ブース 」を設置しました。

装置名として「水膜板付循環水槽式水洗ブース」。

試運転をして、オーバーミスト回収の状況とアルカリイオン水による塗料ミスト不粘着効果を確かめました。

実際にブーススクラバー内に塗料ミストが固着せず、循環水槽式によりピットに回収されました。アルカリイオン水に触れた瞬間に

塗料ミストの粘着性はとれるようです。

技術雑誌「塗装技術」5月号に次の記事が紹介されていました。

 

tosou gizyutu  (693x1024).jpg 

設置した塗装ブース 

tosou bu-su (800x600).jpg  

 

★問い合わせ先

株式会社 ユーブイ・テクニカ

〒231-0852

横浜市中区西竹之丸110 2-B

Tel・Fax  045-662-8032

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の塗装技術情報


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS