塩水噴霧試験連続1000時間経過”864時間”

Pocket

間もなく1000時間になりますが、864時間経過の試験結果です。

3㎜ぐらいにブリスターは留まっているようです。

大きな変化は見られないようです。

 seihinn  (480x640).jpg

seihinn864-1 (480x640).jpg

seihinn864-2 (480x640).jpgクロスカットの線に沿ってブリスターが発生しているが、出ていないところもある。

ということは、表面に錆に強い部位と弱い部位があると判断できる。

いかなる理由、原因なのだろうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の塗装技術情報


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS