塩水噴霧試験、連続72時間。

Pocket

テストピース、3価クロメート(ALT610)酸洗いなし。

化成皮膜のみ。

sannarainasi

1回塗り

sannarainasi1

2回塗り

sannarainasi2

テストピース、3価クロメート(ALT610)酸洗いあり。

化成皮膜のみ。

sannaraiari

1回塗り

sannaraiari1

2回塗り

sannaraiari2

1、2回塗りとも、クロスカット部のテープテストハガレなし、膨れ幅は1.00mm。

下塗り エポキシプライマー

上塗り アクリル樹脂

試験を依頼した薬品メーカー、技術部長の見解 

結論

酸洗い、有無の相違、

皮膜処理のみの試験では、酸洗いしたほうが塩水噴霧72時間で耐食性に影響したが、塗装後の耐食性においては72時間の塩水噴霧試験で差が生じなかった。3価クロメート(ALT610)の化成皮膜では、使用目的に添うため密着性に相違が生じるが、防錆を主とすれば酸洗いしない方が良いと思われる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の塗装技術情報


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS