TD124トーレンス、オーディオ装置のレストア!

Pocket

今年2月ごろ、電話で塗装のご相談を受けて、打ち合わせをすることに!

TD124トーレンスシャーシ、他点2点の部品塗装を頼まれたのです。

現状、デジタルからアナログへとオーデイオ装置が注目を浴びている事などが話題に上がり、

依頼主本人もその一人である事から、当社が手掛けていたガラードなどのシャーシのハンマートーン塗装をみて、レストアの一端である塗装をと来られたのです。

  1. アームの台座は艶消し黒に!
  2. アームはシルバーハンマートーン塗装、先端部は赤系のツートン仕上げ
  3. シャーシはピアノブラックの全艶黒塗装

という事で引き受ける事に!

次の写真がそれです。

1ヶ月ほど後にお渡して時、組み立てたら写真を送りますとの約束のまま、追加で頼まれていた「ホーン」の塗装も仕上がり、連絡すると7/10にお伺いしますとありました。

しかし、お忙しいようで、日程の変更要請があり、7/14(土)午前中にと日程調整、その日は会社が休みなのですが、本社で待つことに。

そしてお渡ししたのがこれです。

此のホーンはスピーカーに据え付けらるもの、震動、響きなど手で調整した貴重品でもあるので塗装方法と、塗料選定を十分検討して補修塗装をしました。

これ仕上がりを大変喜んでいただきました。

懇談する中、現在取り組んでいるオーディオ装置の写真をその場でメールで送ってもらい頂いた写真がこれです。

此のプレーヤー、半世紀ほど前の製品、お客さんがレストアの為に塗装を当社に依頼されたもの。通常はシルバーハンマートーン塗装なのですが、ピアノブラックと言ってきました。

ビンテージ品ですが、見事によみがえりました。

全ての組み立て、レストアにはまだ半年が必要と言っていましたが、お話を伺う限りマニアと云うよりは、専門家に匹敵する知識、技術を有して居る様で、その道の技術者とも交流があり、このレストアはに付いてはかなりの評価を受けているようです。

今回渡したホーンもこのオーディオ装置に使うと言っていました。

興味が湧きますね。

聴かせて貰いたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の塗装技術情報


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly  
RSS