金属焼付塗装実績:精密機械 ベース(2013年2月)

Pocket

HPからお問い合わせ後、ご用命を頂いた塗装品です。
金属塗装実績ページから鉄鋳物の塗装を手がけていた事が分かり、それが切っ掛けになりました。
当社が扱う製品としては大きく、研磨、パテ作業、研ぎなど手作業の時間が取られる塗装品。
砂型で鋳造していますので、表面が粗く塗装前に研磨が必要な仕事となりました。
戦前、オヤジは東京光学機械株式会社(現在は株式会社トプコン)のカメラ、双眼鏡等を塗装する叔父の工場に勤め、パテの仕事を任されていたようですが、砂型鋳物の製品には欠かせない作業と思い起こさせる経験でした。

《塗装前(下塗り・研ぎ)》
2013年2月塗装実績 精密機械ベース 塗装前
《塗装後(上塗り)》
2013年2月塗装実績 精密機械ベース 塗装後
  • 材質 鉄鋳物
  • 化成皮膜処理 ノンクロムタイプ
  • 表面調整 研磨
  • 前処理
  • 下塗り プライマー 黒 塗膜性能表 No11に該当 焼付温度 160℃×20分
  • パテ
  • 研ぎ
  • 中塗り エポメラ樹脂 艶消し 3分艶 塗膜性能表 No5に該当 焼付温度 160℃×20分
  • 拾いパテ
  • 研ぎ
  • 上塗り エポメラ樹脂 艶消し 3分艶 塗膜性能表 No5に該当 焼付温度 170℃×20分

当社では、お客様のご了承の上、塗装実績をご紹介しております。
塗装に関するご質問等ありましたら、どうぞお問い合わせフォーム、またはお電話にてご連絡下さいませ。

お問い合わせ先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の焼付塗装実績


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS