金属焼付塗装実績:精密機械 テーブル(2013年4月)

Pocket

2月で紹介した塗装実績ベースとともに組み立てられる部品。
材質も同じ轍鋳物、横方向で1メートル以上の寸法。
当社で扱う被塗物としては大きい部類になります。
金属塗装の基本技術、研磨・パテ付け・研ぎをしっかり施さないと平滑は面ができません。
砂型での鋳造、鋳肌は粗く、平滑な仕上げには手間がかかります。

2013年4月塗装実績 精密機械 テーブル
  • 材質 鉄鋳物
  • 化成皮膜処理 ノンクロムタイプ
  • 表面調整 研磨
  • 前処理
  • 下塗り プライマー 黒 塗膜性能表 No11に該当 焼付温度 160℃×20分
  • パテ
  • 研ぎ
  • 中塗り エポメラ樹脂 艶消し 3分艶 塗膜性能表 No5に該当 焼付温度 160℃×20分
  • 拾いパテ
  • 研ぎ
  • 上塗り エポメラ樹脂 艶消し 3分艶 塗膜性能表 No5に該当 焼付温度 170℃×20分

当社では、お客様のご了承の上、塗装実績をご紹介しております。
塗装に関するご質問等ありましたら、どうぞお問い合わせフォーム、またはお電話にてご連絡下さいませ。

お問い合わせ先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の焼付塗装実績

スタッフ募集中です

→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS