金属焼付塗装実績:アンプ部品 カバー(2018年2月)

Pocket

アンプメーカーの塗装依頼。
完成品や、アンプ装置キッド品を扱う会社。
昔ながらアナログの音響製品を提供しています。
最近、ニュースで知りましたが、デジタル全盛のこの時代にレコードが100万枚売れたとか!?
アナログ装置機器の塗装依頼を受ける例が多々あるのですが、アナログで音楽を楽しむ愛好家がいるのでしょう。
デジタルとは違う音質を求めるマニアが大勢いるのかな?

塗装後
2018年2月金属焼付塗装実績 アンプ部品 カバー 塗装後

塗装工程

塗色:ワインレッド

素材:SECC

  • 溶剤脱脂
  • 下塗り エポキシプライマー 塗膜性能表No11に該当 焼付温度 160℃×20分
  • 上塗り メラミン樹脂 塗膜性能表No1に該当
  • ウエットオンウエット
  • 模様だしシボ塗装  焼付温度 160℃×20分

当社では、お客様のご了承の上、塗装実績をご紹介しております。
塗装に関するご質問等ありましたら、どうぞお問い合わせフォーム、またはお電話にてご連絡下さいませ。

お問い合わせ先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の焼付塗装実績


→社長ブログを見る

follow us in feedly   RSS