金属焼付塗装実績:エフェクターケース/蓋(2019年5月)アルミダイカスト 塗装

Pocket

エレキギターなど、演奏に使用される音響効果装置です。エレキギター愛好家が大勢いるのでしょうね。

縮緬塗装は以前はカメラなど光学機器の使われ高級感を求められる製品に使用されていましたが、このように音響機器にも使われるようになりました。お客様より完成品の写真を提供してい頂きましたが、塗装屋としても狙い通り高級感が出ているので満足しています。

多くの数量を塗装するので、模様の出方を均一に仕上げるため職人にとっては、塗装に苦労しますが、やりがいのある仕事のようです。

 

塗装後

金属焼付塗装実績:エフェクターケース/蓋

完成品

金属焼付塗装実績:エフェクターケース/蓋

 

金属焼付塗装実績:エフェクターケース/蓋

 

 

塗装工程

  • 部品名:エフェクターケース/蓋
  • 材質 : ADC12
  • 工程 : 

    縮緬塗装 黒

    前処理 ノンクロムタイプ 化成皮膜処理

    上塗り 縮緬塗装 

    メラミン樹脂 塗膜性能表No1に該当

    焼付温度 180℃×10分

当社では、お客様のご了承の上、塗装実績をご紹介しております。
塗装に関するご質問等ありましたら、どうぞお問い合わせフォーム、またはお電話にてご連絡下さいませ。

お問い合わせ先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の焼付塗装実績


→社長ブログを見る

follow us in feedly  
RSS