2021年6月金属焼付塗装実績 シャーシ(レコードプレーヤー用)

Pocket

当社のホームページの塗装技術ページに掲載されている縮緬塗装の仕上がりを見て、
縮緬塗装を選んだようです。

昔から光学機械などに使われていた模様塗装ですが、工業部品にはあまり使われなくなっていました。

近年、縮緬塗装の依頼が出て来ました。

レコードプレーヤーの塗装依頼ではシルバーハンマートーンがほとんどでしたが、お客様、縮緬の質感が気に入ったようです。

遠くは石川県在住の方からの依頼でした。
メールで塗装仕様など打ち合せに手間取りましたが、綺麗に仕上がり嬉しく思っています。

お客さんに頼んで組立後の写真を送ってもらいました。
組立写真の様子から狙い通り高級感のある仕上がりとなっています。

旧塗膜を剥がしたシャーシ

旧塗膜を剥がしたシャーシ

 

下塗り 表側

下塗り 表側

下塗り 裏側

下塗り 裏側

縮緬塗装

縮緬塗装

組み立て中

組み立て中

組み立て後

組み立て後

組み立て後

組み立て後

塗装工程

  • 品名 :シャーシ(レコードプレーヤー用)
  • 材質 :ADC12
  • 工程 : 

    剥離

    マスキング ネジ穴を塞ぐ

    下塗り 黒2分艶消し アクリル樹脂 塗膜性能表 No2に該当

    焼付温度 160℃×20分

    上塗り 縮緬塗装  メラミン樹脂 塗膜性能表 No1に該当

    焼付温度 160℃×20分

 

 

 

当社では、お客様のご了承の上、塗装実績をご紹介しております。
塗装に関するご質問等ありましたら、どうぞお問い合わせフォーム、またはお電話にてご連絡下さいませ。

お問い合わせ先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の焼付塗装実績


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly  
RSS