金属焼付塗装・品質管理事例(その34)巣穴とフクレ

Pocket

前回とタイトルが同じになりましたが、今回は亜鉛ダイカスト製品です。

熱によってとかされた「湯」が一瞬に金型に注入され一瞬に固まる過程で起きるので避けられない現象なのでしょう。

品質管理をする過程で必ず出てきます。

hukure671 (640x480).jpg

次の写真は、溶剤を塗った直後膨らんでいた膨れがしぼんだ状態。

hukure672 (640x480).jpg

塗膜が光っているのは溶剤をウエスで塗った為。

塗膜下の素材状態を調べるために溶解力の強い「アセトン」を使用しています。

ダイカスト製品の塗装を専門的にやっていますが、製品には仕上がりに影響を及ぼす要因を抱えています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の品質管理事例


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS