ラバータッチ塗装

Pocket

5052材テストピース.JPG
※5052材
下塗り プライマー 160℃ ×20分
上塗り ラバータッチ塗料 (ラバーに似た風合いを出す塗料) 80℃×20分
 
付着テスト
 
碁盤目試験(10×10のカッターで線を入れてテープで剥がす)  合格
碁盤目試験.JPG
 
 
屈曲性テスト
 
5052材を曲げ、曲がった部位が約直径10mmになるところまで曲げる。 合格
屈曲性テスト.JPG 
耐摩耗試験
 
砂消しゴムで約1kGの力を加えながら往復して行う試験   350回
 
膜厚 約30μm
 
耐加水分解性 に優れているとのことです。ゴム塗装は10年もするとベタベタになってしまうそうですが、
それがほかのものよりも優れているとのことです。
 
※A5052は種々のアルミ合金の中ではちょうど中間程度の強度を示す代表的な材料です。耐食性、成形性のほか、溶接性もよい材料です。加工や工作に向いた材料です。5000系のアルミ合金は、アルミの中では最もよく使われる合金とも言われています。工作材料のほか、自動車ホイール、船舶、車両材料、建材、飲料缶、板金など多様な用途があります。ネット記事より
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の塗装技術情報

スタッフ募集中です

→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS