塩水噴霧 120時間 15サイクル

Pocket

DCIM0082.jpg

クリックで拡大して見てください。

表題の試験を実施、クロスカットを入れた箇所に膨れがあり「NG」ということから当社の技術情報を参照して問い合わせがありました。

赤丸印の部位に発生が認められます。

サンプル塗装を依頼され、2回塗り、3回塗りで塩水噴霧連続1000時間を実施します。

塗装仕様・AL201(ノンクロムタイプ)・下塗り(エポキシ系プライマー)・上塗り(アクリル樹脂)。

3回塗りは中塗りが入ります。

耐塩塗装という表現での依頼でした。

 

薬品メーカーに試験を依頼してどういう結果になるか、ダイカスト・ADC12、過去にAL201(ノンクロム型)、下塗りプライマー、上塗りアクリル樹脂塗装ではクリアーしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

過去の塗装技術情報


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS