塗装技術

塗装技術の一覧

2 / 3123
DCIM0108.jpg

赤のハンマートーン、模様の出方をはっきりさせるため接写して撮影。 模様の出方   模様    小さい      大きい 塗布量    少ない       多い 粘度      低い  …続きを読む→

レッドハンマートーン塗装

DCIM0087.jpg

一昨年より模様塗装の引き合いが増えてきました。 今回はグレー色のハンマーネット。 ハンマートーン、ハンマーネットの違いと言えば模様の出方。 ハンマーネットはシリコンを使い模様だす点  …続きを読む→

ハンマーネット塗装–グレー色–

ピラー脚.JPG

先月、金属塗装実績でご紹介した天体望遠鏡の部品を組み立てた写真をお客様が送ってくれました。 写真を送ってくれるようお願いしていたのです。 具体的なイメージが知りたくて! 下記のメー  …続きを読む→

天体望遠鏡部品、組み立てた!

DCIM0082.jpg

クリックで拡大して見てください。 表題の試験を実施、クロスカットを入れた箇所に膨れがあり「NG」ということから当社の技術情報を参照して問い合わせがありました。 赤丸印の部位に発生が  …続きを読む→

塩水噴霧 120時間 15サイクル

2014033009350000.jpg

ハンマートーン、シリコンを使って意図的に表面張力を乱して模様を出します。 従い、塗布量、霧加圧、パターン、塗装距離、塗料調整粘度など種々の条件により模様が変わるので職人さん、フラッ  …続きを読む→

模様の均一化、ハンマートーン

IMG_20140324_0002_NEW.jpg

昨年、金属塗装実績でご紹介したバイクの取っ手ですが、実際に装着した写真を送って頂いていたのでご紹介します。 客様が黒艶消しにこだわりを持たれた理由が写真から見て取れます。 クローム  …続きを読む→

大型バイク トランクの取っ手!

2014021815560000.jpg

今日、18日午前中11時ごろ、問い合わせの電話でと本社より連絡があって電話に出ると、ライカのカメラのビューファインダーフレームのメッキがはげて塗装してほしいとのご依頼。 ご説明を伺  …続きを読む→

ライツ・ビューファインダーフレーム

化成皮膜処理を頼まれた仕事で、今までに経験したことがない事例にぶつかりました。 或る装置の部品、アルミ材を削り出して加工された部品で起こりました。 得意先の説明ではアルミ材というわ  …続きを読む→

クロムフリーの化成皮膜処理で!

5052材テストピース.JPG

※5052材 下塗り プライマー 160℃ ×20分 上塗り ラバータッチ塗料 (ラバーに似た風合いを出す塗料) 80℃×20分   付着テスト   碁盤目試験  …続きを読む→

ラバータッチ塗装

2013111409390000.jpg

※補足 シンナー洗浄と通常処理では写真が示す通常処理の方が黒ずみます。 テストピース ADC12   お客様より、キャンディカラーと呼称する仕上がりにつてご要望があり現場  …続きを読む→

キャンディーカラー(スカーレット)

CIMG3173.JPG

外側部分をマスキング  下塗り プライマー エポキシ樹脂          160℃×20分  上塗り レザーサテン 特殊ポリエステル樹脂   160℃×20分  …続きを読む→

名刺入れに塗装

2013080808570000.jpg

お客様の要望で、塗料ディラーに探してもらった塗色”ピンク”、某メーカーのカラーカードにありました。 今、流行りかな! 例のクラウンもピンクですね。 このピン  …続きを読む→

ザ・ピンク!!

2013080516070000.jpg

当社、2年前にユーブイ・テクニカ製、NCLフレッシュシステム塗装ブースを導入しました。 第一号機ということもあり、導入当初ブースの構造にも改良点が見つかり、その都度改良し現在に至っ  …続きを読む→

塗装ブースの水–ノンケミカルリキッド–

1308-2-before.jpg

今回、この現象を取り上げたのは、最近経験した事例なので。 50年勤めている職人がいますが、初めてとか。 切っ掛けとは、電話での問い合わせから始まりました。HPを2006年から開設し  …続きを読む→

クラシックランプ台 もどり現象

CIMG3054.JPG

ゴールドメタリックの塗装は手掛けておりますが、ハンマートーン塗装では初めてかな? 今年で当社、創業53年目様々な金属塗装を行っています。 ご紹介しているように、今年になって模様塗装  …続きを読む→

ゴールドハンマートーン塗装

CIMG3051.JPG

この色、扱うのが初めてです。 工業用部品の塗装を多く手がけていますので、地味な色がほとんどでしたが、新規取引でこの塗色を扱うようになりました。 “色”、&#  …続きを読む→

模様塗装 ワインローズハンマートーン

2013042705560000.jpg

鮮やかな発色です。 当社では、地味な色が多かったのですが新規注文の要望で模様塗装の種類が多くなりました。

模様塗装 ブルーハンマートーン

2013042705540000.jpg

有害物質を使用しない傾向が進み、塗料製造に困難な面があるようです。 今までは鉛を使うことで、コミ、彩度の高い色出しなどに有効だったのですが、無鉛化で塗料メーカーも製造に苦労している  …続きを読む→

模様塗装 グレーハンマートーン

CIMG2942.JPG

新規取引先から、8種類ほどの模様塗装の依頼がありそれを紹介しています。 ノンメタとはメタリックが含有されていないハンマートーン塗料。 メタリックとは違い、模様に多少違いが見られます  …続きを読む→

模様塗装 ノンメタ黒

近年は全くなくなりましたが、当社数十年ほど前は、カラオケ用のマイクケースを多く手がけていました。 今回、ご紹介するマイクケース、人指し指ほどの大きさです。  2月にもご紹  …続きを読む→

マイクケース塗装

CIMG2960.JPG

お客様のご要望で、久しぶりに手がけることに。 昭和の年号だった頃にオートバイのメーターカバーに塗装していましたが、それ以来の塗装作業でした。 職人もベテランを除いた3人は経験がない  …続きを読む→

模様塗装 縮緬、縮み

CIMG2924.JPG

若手の職人が技能研修という見地から、ゴム系の市販塗料を使用して仕上げた塗装。 常温乾燥なので、焼付をせず、 今回の例のようにDVDプレーヤーにそのまま塗装するのが可能です。 模様は  …続きを読む→

ゴム塗装–プラスティディップ–

CIMG2864.JPG

金属塗装実績ページでご紹介した製品、傷がついたので再塗装して欲しいと依頼があり手がけた製品。 作業工程をご紹介します。 お預かりした時の状態。 この時塗装する際に不具合な部分は取り  …続きを読む→

照明器具–再塗装–

2013.2.26 (480x640).jpg

個人様からのご依頼で塗装した製品。 1月金属塗装実績でご紹介しましたが、ご依頼主様から使い方を説明する写真が送られてきましたのでご紹介します。 ご趣味とは言え、本格的なマイク、リコ  …続きを読む→

当社、塗装品のマイク。

2013022209030000.jpg

ツイッターでもお知らせしたペットボトル・パウダーコーティングのスプレーガンを紹介します。 ASTEC2013で展示されていた商品で、関心を持ち当日そのブースへ行き営業担当者と名刺交  …続きを読む→

パウダーコーティング–粉体塗装–

CIMG2829.JPG

文字盤にスピンウエーブという研磨を施しカラークリアーを塗装したものです。 試作として取り組んだ模様塗装。 研磨で様々な模様を描き出せる中の一つです。 デザイン的な印象を知るために試  …続きを読む→

時計–文字盤に模様–

2012122809090000.jpg

サテンコートで粒子が細かく肌触りがソフトなのでこの呼称を使用しています。 基本的には塗色もロットブレもあり、また気候、温度など揮発条件、また塗装状態により多少バラつくのでその範囲限  …続きを読む→

ソフトサテン–色見本限度–

souti.jpg

昨年5月、当社はユーブイ・テクニカ社製 商品名「NCLフレッシュシステム付き塗装ブース 」を設置しました。 装置名として「水膜板付循環水槽式水洗ブース」。 特徴としてオーバーミスト  …続きを読む→

スラッジ回収装置

wappenn.jpg

組合:東京工業塗装協同組合事務局から送られてきたもの。 京都議定書概要 ○先進国の温室効果ガス排出量について、法的拘束力のある数値目標を各国毎に設定。 ○国際的に協調して、目標を達  …続きを読む→

VOC排出規制30%削減ワッペン

2012060609220001.jpg

組合から送られてきました。 名称 東京工業塗装協同組合 梱包を解き、開けてみると思いのほか立派な出来に驚きました。 挨拶文には「会員之章の意義」として次のように記述されていました。  …続きを読む→

会員之章–組合から–

監視カメラ1.jpg

4月の販売までは、公開を控えてくださいと取引先様から言われていましたので、 この月を待って公開しました。   2011国際放送機器展に出品されているというので幕張メッセま  …続きを読む→

当社の塗装部品を使用した製品のご紹介(5)

2011110110220000.jpg

以前、デジカメのファインダー部に使われたフレームをご紹介しましたが、今回もカメラに使われた部品「レバー」のご紹介です。 赤丸で囲んだ箇所がそれです。 サイズは1cmほどの小さなもの  …続きを読む→

当社の塗装部品を使用した製品のご紹介(4)

2011090810520000.jpg

当社所有の技術書から引用してご説明します。 <メタリックムラ> 現象は、 メタリック塗料(主としてアルミニウム含有塗料)を塗った時、金属粉が均一に配列されず、流れ模様のまだらな外観  …続きを読む→

メタリックムラ、花咲現象(フラワースポット)

塗装業に就いて、37年ほどになりますが、超音波塗装機と言う装置に出会ったことがありません。 塗装装置としては普及してないのでしょうか。 超音波塗装と言う名を耳にしたのが「静電塗装に  …続きを読む→

超音波塗装機

塗装作業でこの現象を経験したのが、30数年ほど前でした。 当時は、工場は新座市にあり、レントゲンカセットケースの塗装に使う塗料で起きました。 表面にはビニールシートが施され、高温(  …続きを読む→

乳白化–ブルーミング–

発生原因が様々ありますので、当社技術資料よりご説明致します。 黄変  現象 白、淡色または透明塗膜が、人工光線または熱の作用によって黄変または褐色に変わること。 要因 ・塗料のビヒ  …続きを読む→

塗膜の黄変について

system1.jpg

昨年、12月17日作業環境改善、環境保全の目的でアルカリイオンフレッシュ・システムを導入しました。 当社の場合は、既設のブースにアルカリイオン水を生成する装置の増設となりました。   …続きを読む→

塗装ブースに新技術を導入–NCLフレッシュシステム付き塗装ブース–

CIMG1260.JPG

今回、ご紹介します塗装は、当社のHPを通じてご依頼があったものです。 化成皮膜は3価クローメートを使用しました。 打ち合わせでは、ご注文主様からは高級感がでる塗装仕様にと要望もあり  …続きを読む→

杖、ステッキ用部品、シャフトの塗装

ハンマートーンe.jpg

ハンマートーン塗装を施した製品です。 前回同様、塗装実績で紹介しましたが、改めて拡大して掲載しました。 ハンマーネット塗装と同様、シリコンオイルを使って模様を出します。 グレー色な  …続きを読む→

模様塗装 ハンマートーン

レザートーンe.jpg

塩ビ系の樹脂の塗料を用いています。 模様の出し方は、霧化圧、塗料粘度、ガン口径で細かく出したり、粗く出したりできます。 紹介している模様は、細かい部類になります。 工程は、フラット  …続きを読む→

模様塗装 レザートーン

昨年、3価クローメートの処理装置を導入し、内製化した際、何種か塩水噴霧試験を実施して有効性を検証した時のデータです。 試験片は、鋳造されたADC12を使用しています。 表面状態のば  …続きを読む→

連続96時間塩水噴霧試験

satennkouto3.png

 この模様塗装の特徴は塗装面にざらつきが出ることです。 特殊ポリエステル樹脂を主成分とした塗料。 レザーサテン塗装の特徴として、 素材の面の粗さをカバーし、工程が簡素化される。 硬  …続きを読む→

模様塗装 レザーサテン(サテンコート)

hannma-netto.jpg

取引先様の要望で、ハンマーネット塗装を手掛ける事となりました。近年は、この種の模様塗装の注文がなく、当社、久しぶりに扱うため要望された模様を出すため、塗料メーカーとともに現場で何度  …続きを読む→

模様塗装 ハンマーネット

CIMG0903%20hosei.jpg

12月塗装実績でご紹介した扉の例です。 写真1 写真2 HPを通し、マンションメンテナンスの一環として、お手伝い させて頂いた仕事です。 扉(鉄製)の塗膜が剥がれを生じ、外観、耐食  …続きを読む→

当社、塗装製品使用例のご紹介

2009-11-12%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%A1%20%E4%BF%AE%E6%AD%A3.JPG

前にもお話しましたが、当社が塗装した部品が製品に使われているのを見ることは稀なのですが、今回ご紹介する部品はデジカメのファインダーのフレームの塗装です。数年前に扱った塗装品です。   …続きを読む→

当社の塗装部品を使用した製品のご紹介(3)

%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B31%E5%9B%9E%E5%A1%97%E3%82%8Asmall.JPG

検証を進める中、1000時間の塩水噴霧試験も試みることにしました。 前回、ブログ「3価クロメート処理について」の中で、試験中とお知らせしたものです。 試験片は、ADC12のアルミ板  …続きを読む→

塩水噴霧試験連続1000時間(下地3価クロメート皮膜)

3%E4%BE%A1%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%88%E5%87%A6%E7%90%86%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AB%20002.jpg

7月10日、ブログでお知らせしました、3価クロメート皮膜処理装置で実効の検証を進めています。6価クロメートの代替品として使われだした頃は、付着面に難点があるといわれ、最終ユーザーの  …続きを読む→

3価クロメート皮膜について

DSCN0418%20small.jpg

川越第二工場で塗装している部品の使用例をご紹介します。 日常品として馴染みのあるエアゾール缶の蓋として使われています。部品名をマウンテンカップと呼称します。塗装する部品すべてが使わ  …続きを読む→

当社の塗装部品の使用例ご紹介(2)

ダイカスト製品※は砂型で作られる鋳物に比べ、焼付塗装の際、巣穴(ピンホール)によるフクレは当社の経験ではそう多くは出ません。 5月18日のお知らせで紹介したピンホールによるフクレは  …続きを読む→

ピンホールによるフクレ対策塗装事例のご紹介

今回は、化成皮膜処理について説明したいと思います。 生成する皮膜は用途により、さまざまな種類がありますが、当社は塗装下地処理の一貫として行っています。 当然のことながら、防錆効果、  …続きを読む→

化成皮膜処理について

2 / 3123

過去の塗装技術情報


→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS