塗装技術

塗装技術の一覧

1 / 3123

模様塗料、レザートーン仕様の塗料を使い、細かい模様を塗膜面に造り独特の風合いを出します。 シボという呼称、レザートーンの範疇に入るのですが、使われた方としてレザートーンとは分けて使  …続きを読む→

シボ塗装

img_0312

問い合わせフォームからの御用命。 お伺いするとご近所との事、最終打ち合わせでは来ていただいて塗装仕様を決めました。 元々は赤色、お父さんが使っていたストーブをリニューアルすることに  …続きを読む→

石油ストーブ タンク塗り替え

DSC_1138

板金製品の塗装注文が増えた来たこともあり、確かめる目的でテストピースで試験をしてみました。 1ヶ月ほど前に1㎜のクロスカットを入れた試験をした物と、8月中旬に試験依頼したバツ印のカ  …続きを読む→

(続)SECC鋼板塗膜連続72時間塩水噴霧試験

PENTAX MS-4 01

再び、天体望遠鏡の再塗装の依頼がありました。 高価なものなのでしょう、大事に使っていても腐食などで塗膜も傷むもの。 出来れば、綺麗にしたいとの思いから、ネットで知らべて当社を探した  …続きを読む→

天体望遠鏡 ピラー脚、バランスウエイト、ハンマートーン塗装

DSC_0956

サンシャインウエザーメーター法 メタリングウエザーメーター法 キセノンウエザーメーター法 サンシャインカーボンアーク法 フェドメーター法 対候性試験には上記のような試験機を使用して  …続きを読む→

天然対候性試験 雨ざらし

DSC02565 (800x532)

5月金属焼付塗装実績でご紹介した無線機の塗装した部品の組み立て完成写真です。 メーカーはアメリカのコリンズ社。 確か、お客様が言う事には半世紀前ほどの物で、塗装が傷み修復を依頼され  …続きを読む→

無線機の塗装

DSC_0792 (800x450)

最近模様塗装の仕事が増えたせいか興味を持ち始めたのでしょう!?、新しい模様塗装を手掛けました。 模様出しをしてから、カラークリアを塗装して仕上げました。

模様塗装

DSC_0787

模様塗装の「ゴールドハンマートーン塗装」です。 作業的には、塗布が正確に均一に行われませんと模様が乱れてしまうので職人にとっては技能がより問われる塗装になります。 この塗装の特徴と  …続きを読む→

模様塗装 ゴールドハンマートーン塗装

!cid_2B7D97D7-1B98-4BB0-BCE6-B33EDFEF0535 (800x600)

1月の金属塗装実績で紹介した「鏡筒バンド」、お客様に頼んで装着した状態の写真を送ってもらいましたので紹介します。 一番気になったのが調色の結果、写真で見る限りは色味は鏡筒と似ていま  …続きを読む→

鏡筒バンド装着映像

DSC_0381 (800x450)

新規SECC製品の塗装仕様の再確認のため、SECC鋼板を取引先より譲り受け耐食性の検証。 溶剤脱脂、前処理(化成皮膜・ノンクロム)で清浄作業を行う。   写真左、溶剤脱脂  …続きを読む→

SECC鋼板塗膜、塩水噴霧連続72時間試験

DSC_0360

職人たち、模様を均一に出すために、塗布量、塗りあわせなどに気を使いながら塗装します。 他に赤の縮緬も手掛けていますが、経験を積みながら塗りこんでいる分の技能は上がっているようです。  …続きを読む→

黒 縮緬塗装

sanarai- SUS304-1

前回ご紹介した、SUS304、SUS304CSP付着の検証を行ったテストピースで試験を実行。 塗膜はアクリル樹脂塗料。 前処理ラインで洗浄、酸洗い(エッチング)のSUS304塗膜。  …続きを読む→

連続塩水噴霧試験72時間、SUS304,SUS304CSP塗膜

DSC_0262 (800x551)

新規SECC製品の塗装仕様の再確認のため、SECC鋼板を取引先より譲り受け付着性の検証。 溶剤脱脂、前処理(化成皮膜・ノンクロム)で清浄作業を行う。   写真左、溶剤脱脂  …続きを読む→

SECC電気亜鉛メッキ鋼板付着性

DSC_0252 (800x450)

SECCなど鋼板の塗装を行っていますが、SGCCの材質で塗装依頼がありSECCとの違いを見る必要から当社の前処理ラインでノンクロムタイプの化成皮膜をのせたみました。溶剤を使っての清  …続きを読む→

SGCC 亜鉛溶融メッキ鋼板の前処理。

DSC_0234 (800x450)

SUS304CSPと同様、あわせて検証してみました。   写真左から、 溶剤脱脂 1回塗り アクリル樹脂塗装 2回塗り アクリル樹脂塗装、下塗り エポキシプライマー 前処  …続きを読む→

SUS304 ステンレス付着性の検証。

DSC_0231 (800x523)

ステンレスに塗装する依頼はことはあまりないのですが、付着性の検証をしておく必要が起り、取引先のプレス屋さんにお願いしたら「SUS304CSP」の廃材がありましたのでそれを利用して検  …続きを読む→

SUS304CSP ステンレスバネ材 付着性の検証。

sannarainasi

テストピース、3価クロメート(ALT610)酸洗いなし。 化成皮膜のみ。 1回塗り 2回塗り テストピース、3価クロメート(ALT610)酸洗いあり。 化成皮膜のみ。 1回塗り 2  …続きを読む→

塩水噴霧試験、連続72時間。

sannarainasi

テストピース、エッチング(酸洗い)なし。 3価クローメート(ALT610)化成皮膜のみ。 1回塗り 2塗り テストピース、エッチング(酸洗い)あり。 3価クローメート(ALT610  …続きを読む→

塩水噴霧試験、48時間経過の状態。

sannarai-nasi

3価クロメート(ALT610)テストピースの試験経過。 エッチング(酸洗い)有・無の耐食性の違い。 テストピース、エッチング(酸洗い無し) 1回塗り 2回塗り テストピース、エッチ  …続きを読む→

塩水噴霧試験、24時間経過の状態

DSC_0114

3価クロメート(ALT610) 前処理工程でエッチングしたものと、しないものとの耐食性を検証するために作製したテストピース。これから薬品メーカーに試験を依頼して性能を確認。 それと  …続きを読む→

塩水噴霧試験、連続72時間、テストピース作製

DSC_0097

お客様からのご依頼の縮緬「赤」塗装です。 均一な模様を出すために職人にはより均一な塗装、塗布に心掛け作業にあたります。 塗布にムラがあると綺麗な「縮緬模様」に仕上がりません。 創業  …続きを読む→

縮緬「赤」の塗装、チジミ塗装、結晶塗装ともよばれます。

DSC_0041 (640x360)

6月金属塗装実績でご紹介した「換気口の蓋」が設置された様子です。 たしかに、グレー色のボードには黒の方があっているかもしれません。 お客様はそれを望んで、ステンレスの銀色を黒の3分  …続きを読む→

塗装品の用途例。

sgcc1 (640x480)

塗装仕様 ● 溶剤洗浄 ● 下塗り エポキシプライマー ● 上塗り メラミン樹脂 密着性は良好、クロスカット部保持の為にセロテープは貼り、その後塩水噴霧試験。 SGCC 一回塗りに  …続きを読む→

SGCC ZAM鋼板の密着性、塩水噴霧連続72時間テスト

DSC_0041

原因は二つ、 ① コンタミネーションブリスター 金属素地より発生 ② インターコートブリスター 塗膜間で発生 発生時期、塗装後1週間~1ヶ月以内に発生し易い。 時には、2、3年後に  …続きを読む→

ブリスターの種類と大きさ、分布

DSC_0008

お客様から、耐水性のご相談を受け、飲料缶など内面コートに使用される塗料をご提案申し上げた結果、テストピースとして提供した試験片です。 当社、川越第二工場では、エアゾール缶の部品、M  …続きを読む→

耐水性試験のテストピース

IMG_0101 (640x480) (640x480)

お客様からクランクの白塗装を依頼されお引き受けしました。 塗装をした後、お渡しする時に、自転車に実装した写真を送ってくださいとお願いして届いた写真がこれです。 背景には黒を使い白の  …続きを読む→

自転車「クランク」塗装

hazimeru.jpg

最近はマスキングを必要とする塗装品がほとんどです。 品質の向上などがその背景にあるのでしょう。 道具として使われるものは、 マスキングテープ、 ネジ、 板金加工のケース、フタ、 耐  …続きを読む→

マスキングの道具

2015010509100000 (252x406).jpg

表面が粗く、巣穴が表出するためにパテ作業を行い埋めていきます。 パテの材料には、ポリエステル系、エポキシ系、カシューが使われます。 創業当時、確かパテ剤も作っていたと思います。 膠  …続きを読む→

アルミ鋳物 鋳肌

2014112007310001.jpg

3人の職人さんで作業に当たりましたが、模様が揃いきれいに仕上がりました。 ガン操作にそれぞれ癖があるのですが、それぞれ注意しながら模様を揃えたようよです。  

模様を揃える。

DSCF0004 (640x480).jpg

お客様から、約束通り写真が送られてきました。 融雪剤対策で塗装の依頼でした。7月金属塗装実績でご紹介したホイール、スカイラインR33です。 スカイラインは人気があり、このように大事  …続きを読む→

ホイール装着写真

DSCN4145.JPG

2ヶ月ほど前に問い合わせがあり引き受けた再塗装品です。 返礼のメール文で示すように50年前の代物、 剥離、メッキと塗装できる状態にするために、小口ながら外注先が協力してくれました   …続きを読む→

再塗装完成品–通信機器–

10622856_349328738567839_5008991752425548398_n[1].jpg

鉄鋳物、ロット毎に金属表面にばらつきが出て粗さにムラが出ます。 そのため表面の研ぎ、サンダー作業は念を入れて研ぎつけます。 綺麗に仕上げようと作業に熱が入ります。 研いで平滑にした  …続きを読む→

パテ作業

2014082909550000.jpg

鉄の塊と言ってもいい製品、3、4キロほどあります。 鋳物なので金属表面は凸凹、平滑な塗装面を仕上げるために、 まずは総パテ。 そして研ぎあげ、 そして、埋まっていない凹みを見付け拾  …続きを読む→

鉄鋳物製品のパテ作業

KENNMA1000.jpg

今回の実験、前回に発表した塩水噴霧試験連続1000時間のテスト品(検体)は塗膜剥離した製品に表面調整(ショットブラスト)したものと、ここで発表する試験結果はその表面調整(研磨)の違  …続きを読む→

塩水噴霧試験連続1000時間経過”1000時間”終了!!研磨分

2014081211010000.jpg

凹みを効率よく探し出すコツとしてライトで光を当て凹みを見付けパテ付します。 加工作業、時間を効率良く使わないと費用がかさみますから! 作業を担当している方、もともとは違う仕事の職人  …続きを読む→

拾いパテ作業

TP 1.1000.1 (640x480) (2).jpg

40日以上に及ぶ塩水噴霧試験が終了しました。 ご協力いただいた薬品メーカーに感謝申し上げます。 再度検証するに至った理由は、ブログでも公表していた事の裏付けをとる必要からでした。   …続きを読む→

塩水噴霧試験連続1000時間経過”1000時間”終了!!

CIMG3776.JPG

150mm×250mmの寸法のトレーに看板向けとして試作した。 様々に模様塗装が出来るので意匠的にも面白いのでは! 縮緬、ハンマートーン、ハンマーネット、レザートーン、サテンコート  …続きを読む→

塗装の試作 看板・マーカー

TP01.912H.JPG

TP01”912”時間経過 TP01”288”時間経過 写真撮影の角度は違うが、比較をするとクロスカット線の部位に一部膨張したものは  …続きを読む→

塩水噴霧連続1000時間経過”912時間”

seihinn  (480x640).jpg

間もなく1000時間になりますが、864時間経過の試験結果です。 3㎜ぐらいにブリスターは留まっているようです。 大きな変化は見られないようです。   クロスカットの線に  …続きを読む→

塩水噴霧試験連続1000時間経過”864時間”

shott,144,140624.JPG

A製品(アルミダイカスト中国製) 現在進行している最中で検証したのは表面処理による違い、差異が出るかを試してみました。 この写真は紛体塗装した製品を剥離して塗装したものです。 最初  …続きを読む→

塩水噴霧連続144時間時点 表面処理の違いによる差異!

tp01600h (640x480).jpg

600時間経過した。 TP01 ほぼクロスカット部に変化が見られないようだ!! TP02 クロスカット部に小さな穴が2つ出たかな!? A製品アルミダイカスト(中国製)    …続きを読む→

塩水噴霧試験連続1000時間経過”600時間”

ennsiu4803tp01.JPG

480時間になりました。 どの様な変化が!! TP01 比較からあまり変化は認められない! TP02 同様のようだ! A製品アルミダイカスト(中国製) 錆によるブリスターが増えてい  …続きを読む→

塩水噴霧試験連続1000時間途中経過”480時間”

fujixtp1288.JPG

5、6年前にも試験をしたことがありますが、再検証する必要が出てきたので試験中です。 試験対象品 短冊状ADC12ダイカスト2枚 TP01 TP02 A製品アルミダイカスト(中国製)  …続きを読む→

塩水噴霧試験連続1000時間途中経過”288時間”

2014062609110000 (513x640).jpg

塩水噴霧試験で塗装していない底の部分に白い粉が!? アルミダイカストなので、白錆か?と思ったのですが、塩の可能性もあり薬品メーカーに分析依頼中。 約160時間経過した状態です。 &  …続きを読む→

白錆、塩?

2014052909320000 (480x640).jpg

鉄鋳物の製品、下塗りをした後パテした表面を研いで平滑に仕上げます。 パテ剤は創業以来使っているカシューのもの。 親父はたしか膠を煮て砥の粉を混ぜて作っていたこともあるかな!?

パテ研ぎ作業

2014052118560000.jpg

  当社、様々金属製品を扱っていますが、近年鉄鋳物、アルミ鋳物製品を多く扱う ようになりました。 鋳造の際、品質的に成形過程で不安定な面もあり巣穴が多く出たりすることもあ  …続きを読む→

パテ付け作業

2014021816180000.jpg

2月中旬にご依頼が有った「ライツ・ビューファインダーフレーム」が仕上がりました。 作業の合間を使って塗装仕様の検討をしながらの取り組みとなりました。 ご依頼を受けるにあたって、こち  …続きを読む→

ライツ・ビューファインダーフレーム塗装完了

2014041410120000.jpg

当社で塗装したホイール、レストアされたハコスカに装着した映像が届きました。 約1年ほど前に問い合わせがあった件、3月中旬にご依頼を受けた仕事です。 塗装に品質的な問題があったため、  …続きを読む→

ハコスカ 14インチホイール装着

DCIM0108.jpg

赤のハンマートーン、模様の出方をはっきりさせるため接写して撮影。 模様の出方   模様    小さい      大きい 塗布量    少ない       多い 粘度      低い  …続きを読む→

レッドハンマートーン塗装

1 / 3123

過去の塗装技術情報

スタッフ募集中です

→社長ブログを見る

最近のコメント

follow us in feedly   RSS